「モンポケ」初の絵本『ピカチュウとはじめてのともだち』が小学館から2021年12月8日に発売決定!

小学館が、ポケモン公式ベビーブランド「モンポケ」初の絵本『ピカチュウとはじめてのともだち』を2021年12月8日に発売することを発表しました。
人気絵本作家・まつおりかこさんによるもので、ポケモンたちの魅力をたっぷりに描いた絵本になっているとのこと。

予約受付は、Amazon.co.jp楽天ブックスなどから可能です。

以下、株式会社小学館のプレスリリースから商品の詳細です。

ポケモン公式ベビーブランド「モンポケ」待望の初絵本! まつおりかこ・作『ピカチュウとはじめてのともだち』を小学館より発売します!

「モンポケ」がついに絵本に! 人気絵本作家・まつおりかこさんが、ポケモンたちの暮らす不思議な「もんぽけじま」を描きます。

ピカチュウにどんなともだちができるかな?

『ポケモン』が25周年を迎えた今、子育て中の親を中心に絶大な支持を集めるポケモン公式ベビーブランド「モンポケ」。かねてより「欲しい!」という声が数多く寄せられているモンポケの絵本がついに誕生することに! 絵本を手がけたのは『たからもののあなた』や「いつつごうさぎ」シリーズ(以上、岩崎書店)で知られる絵本作家、まつおりかこさん。ピカチュウやイーブイなど、まつおさんが描くかわいらしいポケモンはもちろん、見どころのひとつが「個性豊かなお家」。このポケモンはこんな家に住んでいるんだ!という喜びが、ページをめくるたびに得られるはず。さあ、ピカチュウにはどんなともだちができるのでしょう。絵本について詳しくはモンポケ公式HPの特設ページ(https://monpoke.jp/book.html)をご覧ください。

■あらすじ
小さなふねで旅するピカチュウが発見したのは、たくさんのポケモンたちが暮らす不思議な島、「もんぽけじま」。島の奥へと進むと、そこにはお花畑にかこまれたお家や、きれいな湖のそばにあるお家など、素敵なお家がたくさん。ここにはだれが住んでいるのかな? ピカチュウと一緒に「もんぽけじま」を冒険しましょう!

■書籍情報
『ピカチュウとはじめてのともだち』 
作・まつおりかこ
定価:1,100円(税込)
2021年12月8日発売
菊12取変形・上製・オールカラー・32P  
小学館
https://www.shogakukan.co.jp/books/09725136

■著者の紹介
まつおりかこ/1989年生まれ。東京都在住。絵本作家。主な作品に『いつつごうさぎのきっさてん』『たからもののあなた』(以上、岩崎書店)、『おふろだいすき!しろくまきょうだい』(教育画劇)などがある。

■モンポケとは
2019年に誕生したポケモン公式ベビーブランド。 “はじめまして、をあつめよう。”をブランドテーマとし、子どもに向けては“はじめて”の経験をたくさん積んで豊かな心に成長してほしい。母親や父親に向けては子どもの一度きりの“はじめて”というかけがえのない瞬間をたくさん集めてほしい、という願いがこめられています。

※掲載している価格等の情報は、2021年11月24日時点のものです。

©Pokémon. ©Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.