『ニンテンドークラシックミニシリーズ』シリーズの今後について開発者が語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファミ通.comに、ミニスーファミ発売記念インタビュー(後篇)が掲載されています。
この中で、『ニンテンドークラシックミニシリーズ』の今後について開発者から言及がありました。

――メディアはもちろん、ユーザーも気になっていると思いますが、ミニファミコン、ミニスーファミときたら、ニンテンドウ 64やゲームボーイなどの展開があるのでは? と気になるところですが。

清水 まずは店頭にいまの商品をしっかり並べることを考えています。店頭でデモを流してほしいからこそデモ機能をつけたんですが、それをまだ実現できていないんですね。宮本とも話していたんですが、まずはミニファミコンとミニスーファミをきちんと店頭に並べたいね、と。それをすごく望んでいます。店頭にミニファミコンとミニスーファミがあって、その下にファミ通さんの『ファミコン通信』と『スーパーファミコン通信』が並んでいるという光景を見たいです(笑)。
情報源:ファミ通.com

任天堂の企画制作部の清水さんは上記のように話し、今後の展開については肯定も否定もしませんでした。
まずは「店頭にいまの商品をしっかり並べること」。
つまりは、品薄を解消することを目指しているみたいです。

10月5日に発売されたばかりの『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』は2018年も生産が続けられることが発表されていて、昨年11月に発売した『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター』も2018年に生産再開されることが発表されています。
品薄が解消された頃に、次の展開に向けて何か話が進展していると良いですね。

ちなみに、同インタビューではコントローラーに関する面白い話もありました。
以下、ファミ通.comより引用です。

――ところでミニスーファミのコントローラーなのですが、以前クラブニンテンドーのプレゼントで同じものがWiiのコントローラーとして登場していました。あれもそのまま使えたりするのでしょうか?
丸山 Wiiリモコンのコネクタを採用していますから、可能ですね。

――ということは、WiiのクラシックコントローラーやクラシックコントローラーPROも?
清水 使えます。クラシックコントローラーなどにはホームボタンが付いていますよね。じつはあのホームボタンにリセットボタンと同じ機能を持たせているんですよ。ですので、スーパーファミコンのコントローラーで遊びたいけどリセットボタンを押しに行くのが面倒な場合、ミニスーファミにつないだクラシックコントローラーを手元に置いておいて、タイトルを切り替えたいときにホームボタンを押せば、立たないで済むんですよ。
情報源:ファミ通.com

かつて存在した任天堂の会員向けポイントサービス「クラブニンテンドー」の景品として登場した『Wii スーパーファミコン クラシックコントローラ』が、『ミニ・スーファミ』でも使えるという驚きの話しもありました。
『スーパーファミコン クラシックコントローラ』は一般販売されていなかったためプレミア品となっており、現在は入手することは難しいですが、もし持っている方がいたら試してみてはいかがでしょうか。

Wii スーパーファミコン クラシックコントローラ
Wii スーパーファミコン クラシックコントローラ

なお、『ミニ・スーファミ用』のコントローラーは任天堂パーツ販売から単品で購入することができるので、追加で購入したい方がいればこちらで購入するのが良いでしょう。
※販売価格は1,620円(税込)となります。
※ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンのみにお使いいただけます。
※スーパーファミコン、スーパーファミコンジュニアではご使用いただけません。

スポンサーリンク