「ニンテンドースイッチ」はMicro SDXC 128GBに対応?外部HDDは未対応か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日発表されたニンテンドースイッチ。
本ゲーム機のセーブ方法(データ保存先)等については、一切詳細が明かされていません。

まだまだスペックなどについて情報不足であり、噂や予想も含めて様々な情報が流れています。
そんな中、今回再び新たな情報が判明しました。

本機の拡張ストレージについて、Micro SDXC 128GBに対応する。という噂が、海外ゲームサイトLet’s Play Video Gamesで流れています。
情報源:「ニンテンドースイッチ」はMicro SDXC 128GBに対応?外部HDDのサポートはなし GameSpark

スポンサーリンク

Micro SDXC 128GBに対応で、外部HDDは未対応か?

ニンテンドー3DSではMicro SDHC 4GB~32GBまでのメモリ拡張に対応していましたが、スイッチの開発版ではさらに拡張されて『Micro SDXC 128GB』に対応しているとのことです。
この上限は製品版で引き継がれるかは不明で、削減される可能性もあるということです。

スイッチの開発版はMicro SDと内部メモリー、もしくはゲームカートリッジよりゲームの直接起動をサポートしているということです。

海外サイトによるとニンテンドースイッチは、外部HDDは対応予定はないとも明らかにしています。
SDHCカードによる保存がメインになるのでしょうか?
外部HDDに対応しない理由として、「ニンテンドースイッチ」の携帯機としての機能性を損ねることがないように、と同サイトで伝えています。
確かに外部HDDと持ち運べるゲーム機は相性が悪そうです。

SDHCカードならば本体(液晶部分)に入れて外に持ち運べますが、外部HDDを持ち運ぶのは難しいです。
ドック(本体土台)に外部HDDを装着して、本体にSDHCカードを付ける場合も、セーブデータを連動させるのは難しそうです。
スイッチは家でも外でも遊べるがコンセプトのゲーム機なので、本体にセットして使えるSDHCカードは相性が良いのでしょう。

心配なのは容量ですね。
スイッチは携帯機でもあり据え置き機でもあるので、長期的に使う場合は『128GB』で足りるのか?という疑問があります。
このような情報は、来年1月13日に開催されるプレゼンテーションで明かされるものと思われます。
※ここに掲載している情報は全て噂です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク