Switch版『迷宮伝説』が2021年1月28日に配信決定!

スポンサーリンク


Nintendo Switch版『迷宮伝説』が、2021年1月28日に配信されることが決定しました。
販売価格は1,980円(税込)に設定されていますが、2021年2月9日 23時59分までは割引価格の980円(税込)で購入することができます。

本作は、自動で生成されるダンジョンを舞台にした、ハクスラ要素のあるアクションRPGです。
移植となるSwitchバージョンには、いくつかの追加要素が含まれています。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

いざ迷宮へ! 未知なる冒険がキミを待っている!

迷宮伝説はハクスラ要素のあるアクションRPGです。
自動で生成されるダンジョンを探索し、強力な装備を集め未知の強敵と戦いましょう!

ゲーム内の世界はすべて、どこか懐かしく温かみのあるドット絵で描かれています。
物語の舞台となる王国は、女王の呪いにより外に出ることができません。
迷宮を攻略し、王国にかけられた呪いの謎を解き明かしましょう。

■追加要素
・新たなジョブ「ナイトクローラー」
少しクセのあるジョブで、新たな面白さを提供します。

・新たなステージ「魂の檻」
既存のマップよりもはるかに大きなフロア構成となっており、制限時間付きの特殊ステージです。
プレイヤーに新たなプレイフィールを楽しんで貰えます。

・新たなゲームモード「EXTRA GAME」
タイムアタック要素のある独立したモードです。
※本編クリア前から遊べますが、テクニカルなモードですのでクリア後をより推奨します。

・「協力プレイ」
スマホ版には無かった2P協力プレイが楽しめます。
友達と協力して難関迷宮も攻略出来ます。

■物語
世界の果てにあるとされる伝説の王国カナタ

その国には恐ろしい怪物たちが潜む
呪われた迷宮があり、失われた王家の財宝が隠されている

そんな噂がいつからか人々の間で流れていました
あるものは財宝を、あるものは冒険を求め、数多くの冒険者がカナタの国を目指しました

しかしだれ一人として帰ってくるものはいませんでした
そして今ここにカナタの国にたどり着いた冒険者が一人……

©Shinobi Games/Regista