2018年3月12日~3月18日の販売ランキングが公開! Switch本体は54,342台を販売!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月12日~3月18日のメディアクリエイト調べ ゲームソフト週間販売ランキングが公開されました。

2017年3月3日に発売されたNintendo Switchですが、3月12日~3月18日の期間で国内推定販売台数54,342台を記録したようです。
情報源:4Gamer

【Switch本体の売り上げ】
※メディアクリエイト調べより
期間 販売台数
2018年1月1日~1月7日 146,006台
2018年1月8日~1月14日 37,500台
2018年1月15日~1月21日 43,027台
2018年1月22日~1月28日 47,107台
2018年1月29日~2月4日 49,165台
2018年2月5日~2月11日 43,404台
2018年2月12日~2月18日 39,303台
2018年2月19日~2月25日 39,696台
2018年2月26日~3月4日 45,083台
2018年3月5日~3月11日 45,084台
2018年3月12日~3月18日 54,342台

今回は54,342台という販売台数でした。

『星のカービィ スターアライズ』や『スプラトゥーン2セット (再販版)』の効果もあり、久々に5万台突破しています。

スポンサーリンク

ゲームソフト販売ランキング

1位:星のカービィ スターアライズ (Switch)
2位:スプラトゥーン2(同梱版含む) (Switch)
3位:進撃の巨人2(限定版含む) (PS4)
4位:進撃の巨人2(限定版含む) (Switch)
5位:北斗が如く(限定版含む) (PS4)
6位:モンスターハンター:ワールド(限定版、同梱版含む) (PS4)
7位:マリオカート8 デラックス (Switch)
8位:進撃の巨人2(限定版含む) (PSVita)
9位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む) (Switch)
10位:スーパーマリオ オデッセイ(同梱版含む) (Switch)

以下、スイッチ関連のタイトルのみ紹介します。

1位

▼星のカービィ スターアライズ
222,031本
累計:222,031本
星のカービィ スターアライズ – Switch
星のカービィ スターアライズ - Switch

2位

▼スプラトゥーン2 (同梱版含む)
30,471本
累計:2,136,957本
Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

4位

▼進撃の巨人2
22,941本
累計:22,941本
進撃の巨人2 – Switch
進撃の巨人2 - Switch

7位

▼マリオカート8 デラックス
15,408本
累計:1,415,211本
マリオカート8 デラックス
マリオカート8 デラックス

9位

▼ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む)
10,434本
累計:918,501本
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド ~冒険ガイドブック&マップ付き~ – Switch
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド ~冒険ガイドブック&マップ付き~  - Switch

10位

▼スーパーマリオ オデッセイ (同梱版含む)
9,076本
累計:1,657,931本
スーパーマリオ オデッセイ
スーパーマリオ オデッセイ

18位

▼ウイニングポスト8 2018
3,745本
累計:3,745本
Winning Post 8 2018 – Switch
Winning Post 8 2018 - Switch

19位

▼マリオ+ラビッツ キングダムバトル
3,728本
累計:167,333本
マリオ+ラビッツ キングダムバトル – Switch
マリオ+ラビッツ キングダムバトル - Switch

【総括】
2018年3月16日に発売されたSwitch用ソフト『星のカービィ スターアライズ』が、222,031本を販売し初登場1位にランクインしました。
ファミ通調べでも223,811本となっており、初週で20万超えと順調なスタートを切っています。

ちなみに、2011年10月27日にリリースされた『星のカービィ Wii』は初週136,811本、2014年1月11日にリリースされた『星のカービィ トリプルデラックス』は初週214,208本、2016年4月28日に発売された『星のカービィ ロボボプラネット』は初週144,846本となっており、3DSのトリプルデラックスと同数程度のスタートとなりました。

3月15日に発売された『進撃の巨人2』は、PS4版が28,480本で3位、Switch版が22,941本で4位、PSVita版が15,261本で8位でした。

3月15日に発売された『Winning Post 8 2018』は、PS4版が8,459本で11位、PSVita版が3,837本で17位、Switch版が3,745本で18位となっています。

ファミ通版の販売本数ランキング

ファミ通版の販売本数ランキング TOP30も公開されています。
ファミ通調べでのNintendo Switchの販売台数は、47841台でした。

『ぎゃる☆がん2』は、PS4版が4728本で16位、Switch版が2622本で23位となっています。

新作『星のカービィ スターアライズ』が首位獲得

今回のソフトランキングは、『星のカービィ スターアライズ』がNintendo Switch歴代4位の初動となる22.4万本を販売し、首位を獲得した。2016年4月に発売された3DS向け『星のカービィ ロボボプラネット』の初週を上回り、『星のカービィ トリプルデラックス』(2014年1月発売)の初週と同程度のスタートを切っている。

また『進撃の巨人2』は、プレイステーション4版が2位、Nintendo Switch版が3位、プレイステーション Vita版が7位にランクイン。3機種合計で6.9万本を売り上げたが、2016年2月発売の前作『進撃の巨人』の初週、3機種合計(プレイステーション Vita、プレイステーション4、プレイステーション3)には届かなかった。

一方のハード市場は、『Nintendo Switch スプラトゥーン2 セット』の追加発売もあり、Nintendo Switch本体が4.8万台を販売し首位をキープしている。

スポンサーリンク