2018年2月26日~3月4日の販売ランキングが公開! Switch本体は45,083台を販売!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月26日~3月4日のメディアクリエイト調べ ゲームソフト週間販売ランキングが公開されました。

2017年3月3日に発売されたNintendo Switchですが、2月26日~3月4日の期間で国内推定販売台数45,083台を記録したようです。
情報源:4Gamer

【Switch本体の売り上げ】
※メディアクリエイト調べより
期間 販売台数
2018年1月1日~1月7日 146,006台
2018年1月8日~1月14日 37,500台
2018年1月15日~1月21日 43,027台
2018年1月22日~1月28日 47,107台
2018年1月29日~2月4日 49,165台
2018年2月5日~2月11日 43,404台
2018年2月12日~2月18日 39,303台
2018年2月19日~2月25日 39,696台
2018年2月26日~3月4日 45,083台

今回は45,083台という販売台数でした。

PS4は20,070台となっており、先週に引き続きSwitchが首位に輝いています。
PS4本体はモンハン効果もあり品薄状態が続いているようなので、在庫が安定していればもう少し数字を伸ばしていたかもしれません。

スポンサーリンク

ゲームソフト販売ランキング

1位:モンスターハンター:ワールド(限定版、同梱版含む) (PS4)
2位:ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ (Switch)
3位:スプラトゥーン2(同梱版含む) (Switch)
4位:マリオカート8 デラックス (Switch)
5位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む) (Switch)
6位:METAL GEAR SURVIVE (PS4)
7位:スーパーマリオ オデッセイ(同梱版含む) (Switch)
8位:ポケットモンスター ウルトラサン/ウルトラムーン (3dS)
9位:レインボーシックス シージ アドバンスエディション (PS4)
10位:ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ(限定版含む) (PS4)

以下、スイッチ関連のタイトルのみ紹介します。

2位

▼ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ
28,430本
累計:28,430本
【Switch】ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ
【Switch】ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ

3位

▼スプラトゥーン2 (同梱版含む)
21,979本
累計:2,084,324本
Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

4位

▼マリオカート8 デラックス
18,828本
累計:1,382,474本
マリオカート8 デラックス
マリオカート8 デラックス

5位

▼ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む)
12,675本
累計:896,455本
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド ~冒険ガイドブック&マップ付き~ – Switch
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド ~冒険ガイドブック&マップ付き~  - Switch

7位

▼スーパーマリオ オデッセイ (同梱版含む)
11,667本
累計:1,637,812本
スーパーマリオ オデッセイ
スーパーマリオ オデッセイ

11位

▼マリオ+ラビッツ キングダムバトル
7,097本
累計:158,322本
マリオ+ラビッツ キングダムバトル – Switch
マリオ+ラビッツ キングダムバトル - Switch

15位

▼1-2-Switch
4,473本
累計:408,445本
1-2-Switch
1-2-Switch

18位

▼ARMS
3,685本
累計:376,498本
ARMS
ARMS

19位

▼ベヨネッタ2
3,428本
累計:18,403本
ベヨネッタ2 – Switch
ベヨネッタ2 - Switch

20位

▼ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
3,358本
累計:124,760本
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch

【総括】
2018年3月1日に発売されたNintendo Switch版『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』が28,430本は販売して、初登場2位にランクインしました。
2016年のゲームの移植作(追加要素もあり)ということを考えれば、まずまずのスタートといった感じですかね。

参考までに、2016年1月28日に発売されたオリジナル版『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』はPSVita版が178,016本、PS4版が141,369本、PS3版が53,154本となっています。
※数字はメディアクリエイト調べより。

20位には、『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』がランクインしています。
じわ売れが未だに続いていて、累計販売本数は124,760本となりました。
2月28日からは新しいDLCの配信も始まったので、DLC効果もあったのかな?という感じですね。

ファミ通版の販売本数ランキング

ファミ通版の販売本数ランキング TOP30も公開されています。
ファミ通調べでのNintendo Switchの販売台数は、43801台でした。

『モンスターハンター:ワールド』が3週連続で5回目の首位を獲得

前回と打って変わって発売タイトル数が非常に少ない中、『モンスターハンター:ワールド』が3週連続で5回目の首位を獲得した。

一方、新作では『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』が2.9万本を販売し、2位に初登場している。Nintendo Switchのロンチタイトル『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』(2017年3月発売)の初週を上回るスタートを切った。

Nintendo Switch本体の販売台数は4.4万台と、ここ数週間安定した販売を見せている。ソフトの販売も堅調で、今回も2位から6位までNintendo Switch向けのタイトルが並んだ。

スポンサーリンク