Switch版『真砂楼』が2021年7月8日に配信決定!


Nintendo Switch版『真砂楼』が、2021年7月8日に配信されることが決定しました。
販売価格は1,320円(税込)に設定されています。

本作は、インディーデベロッパーDorsalFin Studioによって開発された、女椎村に存在する昭和初期に廃業となった旅館「真砂楼」を舞台にした一人称視点のシングルプレイ探索系ホラーゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。
更なる詳細は、公式サイトをチェックしてみてください。

真砂楼は一人称視点のシングルプレイ探索系ホラーゲームです。

女椎村に存在する、昭和初期に廃業となった旅館「真砂楼」。
主人公は興味本位で訪れた「真砂楼」に閉じ込められてしまう。 探索をする内に、残留物から「真砂楼」で起きた過去が明らかになっていく・・・。

・物語の背景
女椎村で働いていた事がある主人公は、ある日、記憶に残っていた廃旅館を思い出しました。
廃墟探索の趣味が高じて、その旅館へ向かうことにします。

・舞台となる廃旅館
廃墟探索者による監修の下、日本の様々な廃旅館を参考に昭和初期の旅館を制作しました。

・2~3時間程度のゲームプレイ
襲いかかる悪霊に対処しつつ、「真砂楼」の内部を探索していくホラーゲームです。