コーエーテクモの鯉沼社長がマリオに興味。「もし私が彼と何かできることがあれば本当に嬉しい。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーエーテクモの鯉沼久史社長が、Kotakuからのインタビューに答えています。

コーエーテクモゲームスはこれまでに任天堂やスクウェア・エニックスなどさまざまな企業とコラボして、『ドラゴンクエストヒーローズ』『ワンピース海賊無双』『ゼルダ無双』『ファイアーエムブレム無双』といったタイトルをリリースしてきました。

まず鯉沼さんは、『スターウォーズ』について「ずっと前からこのことを言ってきましたが、スターウォーズは無双シリーズとは本当によくフィットします。もしそれができれば素晴らしいと思います。」と話しました。
鯉沼さんは、過去のインタビューでも「『スターウォーズ無双』を作りたい。」と発言していたことがあります。

続けて任天堂の看板キャラクターである「マリオ」についても言及。
「任天堂のマリオと仕事をする機会がありたいです。私が子供の頃から遊んできたキャラクターなので、もし私が彼と何かできることがあれば、本当に嬉しいです。」と述べています。

鯉沼さんは、「無双シリーズであるかどうかに関わらずにシミュレーションゲームなど何でも良い。」と付け加えました。

『ゼルダ無双』と『ファイアーエムブレム無双』に続く、新たな任天堂とのコラボタイトルが出るのかどうか。
期待して待ちたいですね。

情報源:Kotaku

スポンサーリンク