Switch用ソフト『槇村葉月の恋語り』が2022年5月26日に配信決定!

Nintendo Switch用ソフト『槇村葉月の恋語り』が、2022年5月26日に配信されることが決定しました。
販売価格は3,300円(税込)に設定されていますが、2022年5月25日 23時59分までは割引価格の2,970円(税込)で購入することができます。

本作は、あざらしそふとによるアドベンチャーゲームの家庭用移植版です。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

今までとは少し違う、けど、これだって あざらしそふと

★ポイント
アマカノシリーズやアイカギシリーズなど、これまでのあざらしそふとは、攻略ヒロインの魅力を引き出すことに特化した作品を多く送り出してきました。

しかし、本作ではサブキャラクターにも魅力を詰め込み、時に賑やかに、時にシリアスに物語を盛り上げ、プレイする楽しみの幅を広げてみました。
そんな新しい試みを取り入れつつ、あざらし作品の良いところは健在。

今作は、地味っ娘ヒロインとのドキドキワクワクな同居生活をお楽しみいただけます。

★ストーリー
夢がないことが悩みの主人公・茅吹輝(かやぶき あきら)

住んでいた部屋が、倒木の下敷きになるという不幸な事故によって
一人暮らししていたアパートを退居することになった彼は、
仮の住まいとして家賃2万のボロアパート『招福荘』を紹介される。

だが、彼の不幸はまだ終わってはいなかった。

招福荘に入居したその日の晩、自身が招いた騒音トラブルにより部屋の壁が崩壊。
修理が終わるまでの間、隣人の槇村葉月と半同居生活を送ることを余儀なくされてしまう。

慣れない(しかも異性との)共同生活に初めは戸惑っていたものの、
お互いのことを知るうちに気兼ねがなくなり、少しずつ距離は縮まっていく。

そんなある日、葉月の趣味である映画製作のお手伝いを依頼されて――。
失われていた青春の歯車が、ゆっくりと静かに動き出していく。

©AZARASHI SOFTWARE