『Make a Killing』と『103』のSwitch版が海外向けとして配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



『Make a Killing』『103』のNintendo Switch版が、海外向けとして配信されることが北米eショップのリストで判明しました。
それによると、両タイトル共に2020年10月2日に$9.99でリリースされる予定です。

以下、Steamの商品紹介ページからそれぞれの概要です。

Make a Killing

メークアキリングは、一人称視点のシングルプレイヤーのサバイバルホラーゲームです。
あなたはコール、彼の弟ジェイスを保存することを希望して、荒れ果てた地面に移動する男として再生されます。

殺意を燃やす、感情的に直面し、不安を刺激するシングルプレイヤーのサバイバルホラーゲームです。一人称視点でプレイし、プレイヤーは主人公のコール、彼の弟ジェイスを保存することを期待して荒れ果てた地面に移動する男の役割を取ります。借金で不具者になったジェイスは、手つかずの金鉱床を集めるためのペイアウトの追求に目がくらんでしまい、呪われた大量殺人者アイラキングの手に落ちてしまいます。彼の崇高な意図にもかかわらず、コールはアイラとの猫とネズミのゲームに巻き込まれてしまった。

■ストーリーを進行するために犠牲の柱をアクティブにする
■無料または別の弾薬の報酬のための犠牲者を殺す
■ゴールドを集めてステータスメニューの弾薬を多く購入する
■召使が悲鳴を上げる前に逃げるか殺すかして自分の立場を譲る
■手遅れになる前にアイラキングを殺して弟を救え

情報源:Steam

103

リリーは彼女の想像力を使って彼女の思い出を解き放ち、彼女の人生を変えた夜の出来事を復活させるのに役立ちます。
何が起こったのか、何が103なのかを発見する。

リリーは決して他の人に似ていることはありません。 彼女は子供だったので、彼女の野性的な想像力と強い思い出が彼女に自分の家を造る才能を与えました。 彼女の夢と思い出を安全に保つために、世界の危険から離れた彼女の心の場所。

しかし、夜は友人と一緒に何かが起こった。 ひどい何か、そして今、彼女の人生は永遠に変わった。 リリーが彼女の想像力を使って彼女の思い出のロックを解除し、その夜の出来事を復活させるのに役立ちます。

ディストピアインタラクティブが開発した初めての人物の謎のアドベンチャービデオゲームで、何が起こったのか、103点は何かを発見してください。

■ストーリーを一緒にまとめるためにオブジェクトを見るだけで103を再生します。 環境を観察するほど、理解しやすくなります。 一次的な指示と単純な謎は、進行を指示する2つの画像フレームを通して与えられます。

■103は、より細かく詳細な環境を探索することに焦点を当てています。 メッセージを読む、パズルを解く、写真やオブジェを見るだけでなく、イベントを体験し、発生したことを理解するのに役立つ文字に遭遇します。

情報源:Steam

© 2020 Dystopia Interactive. All Rights Reserved.
© 2019 Dystopia Interactive. All Rights Reserved.