任天堂:Switchの品薄が解消する時期を「まったく見通せない」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日新聞にて、Switchがなぜ品薄なのかを簡単に説明した記事が掲載されています。

以下、毎日新聞より。

Q.発売から半年もたつのに、どうして?
A.これほど売れるとは任天堂も思っていませんでした。工場を自前で持っておらず、中国で他社に作ってもらい、完成品を船で世界中に運んでいるので、急に工場の設備(せつび)を増やしたり、急いで運んだりすることが難しいのです。部品もさまざまな会社から追加で買わなければなりません。アップルの新型アイフォーンやネット動画を保存するデータセンターにも使われる部品は世界中から引っ張りだこで、たくさん確保しにくく、増産がさらに遅れているようです。

Q.なぜそこまで人気なの?
A.子供も大人も楽しめる人気ゲームソフトが充実しています。7月に発売された「スプラトゥーン2」は、国内だけで既に100万本以上売れたそうです。スイッチは基本的にテレビとつないで遊ぶ据え置き(す お )型ですが、小型画面付きの本体を持ち運べば屋外でも楽しめます。ゲーム機は日本では携帯(けいたい)型、欧米では据え置き型の人気が高い傾向があり、スイッチの評判は動画サイトなどを通じて世界中に広まりました。

Q.品薄はいつまで続きそう?
A.今年度の販売目標は1000万台ですが、実際はその2倍ぐらい欲しい人がいると言われています。今後はゲーム未経験者にも人気が出てくるという予想もあります。任天堂は品薄が解消する時期を「まったく見通せない」としており、当分は手に入りにくい状況が続きそうです。

▼少なくとも年内いっぱいは品薄が続く?
今も品薄が続くNintendo Switchですが、任天堂は品薄が解消する時期を「まったく見通せない」と回答しています。
年内いっぱいは品薄が続くというアナリストの声もあることから、品薄解消はまだまだ先の話になりそうです。

▼Switchの大ヒットは予想外のものに?
GamesIndustry.bizの記事によれば、Nintendo Switchの大ヒットは、サードパーティ(任天堂以外のゲーム会社)だけでなく、アナリストやマスメディアの多くにとっても予想外のものだったそうです。
それによって、国内外の大半のサードパーティはSwitch参入に出遅れてしまいました。

毎日新聞の記事でも指摘されている通り、これほど売れるとは任天堂すら思っていなかったことです。
その結果、世界的に品薄が発生しているのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク