Nintendo Switch版『魔法の女子高生』が海外で発売決定!魔法&女子高生が題材のローグライクRPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『魔法の女子高生』が、海外向けとして発売されることがパブリッシャーのSekai Projectから発表されました。

本作は、同人ゲームサークルilluCalab -いるからぼ-が開発を手掛けるローグライクダンジョンRPGです。
2016年11月にSteam向けとしてリリースされたのが始まりで、2017年にはiOSとAndroidでも配信がスタートしました。

また、PC版はパッケージとしてもリリースされています。

魔法の女子高生 パッケージ版
illuCalab.
売り上げランキング: 5,962

フリーワードで魔法を生成して、魔法を創る独自のシステムを特徴としています。

(C) 2016 illuCalab. All rights reserved.

魔女を軸にしたストーリー、ローグライクの基本である無限に遊べる自動生成ダンジョン、ターン制の戦闘などもあります。

(C) 2016 illuCalab. All rights reserved.

以下、本作の概要です。

“魔法はアナタが知っている。”

魔法の女子高生は「魔法を創る」ダンジョンRPGです!

あなたの唯一の武器は、あなた自身が生み出す魔法だけ。
あなたは自由に魔法の名前を決めることができ、
その名前に込められた魔法から、属性や効果が自動で算出されます。

手に入れた魔法を育てたり、ダンジョンに落ちている天然の魔石から魔法を取り出し、
合成することで魔法はより強く育っていきます。

魔法の世界に迷い込んだ女子高生、個性豊かなマモノたち、
そして正体不明の魔女たちとその集落──。
この残酷で魅力的な世界で生き残れるかどうかは、
あなたの「創造力」に掛かっているのです!

■ ゲームの説明
魔法の女子高生は、グリッド式ターン制 RPG、いわゆるローグライク形式の RPG です。
ただし、他のローグライクのようなHPや満足度、レベルなどの様式・UI表現を見直し、このゲームならではのシステムを構築しているのがポイントです。

ローグライクゲームに今まで触れたことのないカジュアルなユーザでも気軽に始めることができますし、一方でやり込むとやり込むほどプレイヤーにスキルが溜まる設計は健在で、日頃からローグライクゲームに親しんでいる方でも長く楽しんでいただけます。

同じ言葉からは同じ魔法が生成されますので、強い魔法を見つけて友達と教えあったり、たくさん引っさげて周回プレイやタイムアタックもオススメです。
みんなで一緒にプレイしましょう!

■ EDテーマ
EDテーマは新進気鋭の視聴覚ユニット「みみめめMIMI」が担当。
書き下ろし楽曲「1メートル」がゲーム内、及びPVで体験を彩ります。

現時点でSwitch版が国内で発売されるかは不明ですが、日本のインディーズゲームなのでリリースされる可能性は高いように思えます。

<追記>
日本向けにもリリースされることが、illuCalab代表のTwitterで発表されました。
詳しくは後日です。

スポンサーリンク

関連動画

以下、Switch版の紹介映像と他機種版の紹介映像です。

公式サイトもあるので、より多くの情報はこちらからチェックしてみてください。
魔法の女子高生 公式サイト

スポンサーリンク