2017年9月11日~9月17日の販売ランキングが公開! Switch本体は44,052台を販売!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月11日~9月17日のメディアクリエイト調べ ゲームソフト週間販売ランキングが公開されました。

2017年3月3日に発売されたNintendo Switchですが、9月11日~9月17日の期間で国内推定販売台数44,052台を記録したようです。
情報源:4Gamer

【Switch本体の売り上げ】
※メディアクリエイト調べより
期間 販売台数
2017年3月3日~3月5日 329,152台
2017年3月6日~3月12日 61,998台
2017年3月13日~3月19日 49,913台
2017年3月20日~3月26日 78,441台
2017年3月27日~4月2日 45,509台
2017年4月3日~4月9日 41,193台
2017年4月10日~4月16日 45,673台
2017年4月17日~4月23日 48,694台
2017年4月24日~4月30日 76,679台
2017年5月1日~5月7日 47,911台
2017年5月8日~5月14日 24,712台
2017年5月15日~5月21日 26,114台
2017年5月22日~5月28日 27,146台
2017年5月29日~6月4日 23,524台
2017年6月5日~6月11日 27,291台
2017年6月12日~6月18日 37,709台
2017年6月19日~6月25日 22,361台
2017年6月26日~7月2日 25,805台
2017年7月3日~7月9日 26,256台
2017年7月10日~7月16日 31,906台
2017年7月17日~7月23日 98,999台
2017年7月24日~7月30日 89,314台
2017年7月31日~8月6日 61,933台
2017年8月7日~8月13日 87,798台
2017年8月14日~8月20日 22,277台
2017年8月21日~8月27日 69,654台
2017年8月28日~9月3日 50,074台
2017年9月4日~9月10日 45,439台
2017年9月11日~9月17日 44,052台

今回は44,052台という販売台数でした。

前回とほぼ同じ台数になりましたね。
何とか4万台はキープということでしょう。

ゲームソフト販売ランキング

1位:ウイニングイレブン 2018 (PS4)
2位:スプラトゥーン2(同梱版含む) (Switch)
3位:メトロイド サムスリターンズ(限定版含む) (3DS)
4位:アンチャーテッド 古代神の秘宝 (PS4)
5位:Destiny 2 (PS4)
6位:New みんなのGOLF (PS4)
7位:ウイニングイレブン 2018 (PS3)
8位:マリオカート8 デラックス (Switch)
9位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(同梱版含む) (3DS)
10位:モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver. (同梱版含む) (Switch)

以下、スイッチ関連のタイトルのみ紹介します。

2位

▼スプラトゥーン2 (同梱版含む)
37,481本
累計:1,138,962本
Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

8位

▼マリオカート8 デラックス
10,971本
累計:694,185本
マリオカート8 デラックス
マリオカート8 デラックス

10位

▼モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver. (同梱版含む)
9,414本
累計:133,621本
モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.
モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.

14位

▼ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む)
5,000本
累計:585,553本
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

16位

▼ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
3,782本
累計:27,827本
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch (【期間限定封入特典】「レジェンドパトロール」を遊べるようになるダウンロード番号 同梱)
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch (【期間限定封入特典】「レジェンドパトロール」を遊べるようになるダウンロード番号 同梱)

17位

▼ARMS
3,589本
累計:221,700本
ARMS
ARMS

20位

▼チャンピオンジョッキー スペシャル
2,626本
累計:2,626本
Champion Jockey Special
Champion Jockey Special

【総括】
『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』の2週目は、3,782本で16位にランクインしました。
初週24,045本の前回3位から大幅ランクダウンしています。

この大幅ランクダウンは、店頭やネットの在庫が品薄だったのが原因だと思います。
公式Twitterで店頭在庫の品薄が発表されていて、次は9月下旬に出荷される予定です。
来週か再来週のランキングでは、もう少し上に上がってくるはずです。

2017年9月14日に発売された『チャンピオンジョッキー スペシャル』は、2,626本で初登場20位とかなり寂しい数字に。
同時発売だった『Winning Post 8 2017』に至っては20位以下の圏外でした。

7月29日に発売された『DQ11』の3DS版は今週9位、PS4版は13位でした。
販売本数は、3DS版が10,525本、PS4版が5,877本となりました。
累計では、3DS版が1,720,431本、PS4版が1,343,479本です。
さすがにかなり販売本数が落ちてきています。

ファミ通版の販売本数ランキング

ファミ通版の販売本数ランキング TOP30も公開されています。

ファミ通調べでは、Nintendo Switch本体が3.8万台を売り上げ首位をキープした。と紹介されています。
『チャンピオンジョッキー スペシャル』は2512本で19位、『Winning Post 8 2017』は1774本で27位でした。

プレイステーション4版『ウイニングイレブン 2018』が首位獲得

 人気シリーズの新作が上位を占めるかたちとなった今回のソフトランキングは、『ウイニングイレブン 2018』のプレイステーション4版が6.9万本を売り上げ、首位を獲得している。6位のプレイステーション3版を合わせると初週販売本数は8.2万本で、2016年9月に発売された『ウイニングイレブン 2017』の初週(2機種合計)を上回った。

 また、『メトロイド サムスリターンズ』が2.9万本を販売し、3位にランクイン。Wiiで発売された『メトロイドプライム3 コラプション』や、DSの『メトロイドプライム ハンターズ』と同水準の出足となっている。

 一方、ハード市場ではNintendo Switchが3.8万台を売り上げ、首位をキープ。プレイステーション4が2機種合計で2.7万台を販売し、引き続き2番手となった。