2017年8月7日~8月13日の販売ランキングが公開! Switch本体は87,798台を販売!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月7日~8月13日のメディアクリエイト調べ ゲームソフト週間販売ランキングが公開されました。

2017年3月3日に発売されたNintendo Switchですが、8月7日~8月13日の期間で国内推定販売台数87,798台を記録したようです。
情報源:4Gamer

【Switch本体の売り上げ】
※メディアクリエイト調べより
期間 販売台数
2017年3月3日~3月5日 329,152台
2017年3月6日~3月12日 61,998台
2017年3月13日~3月19日 49,913台
2017年3月20日~3月26日 78,441台
2017年3月27日~4月2日 45,509台
2017年4月3日~4月9日 41,193台
2017年4月10日~4月16日 45,673台
2017年4月17日~4月23日 48,694台
2017年4月24日~4月30日 76,679台
2017年5月1日~5月7日 47,911台
2017年5月8日~5月14日 24,712台
2017年5月15日~5月21日 26,114台
2017年5月22日~5月28日 27,146台
2017年5月29日~6月4日 23,524台
2017年6月5日~6月11日 27,291台
2017年6月12日~6月18日 37,709台
2017年6月19日~6月25日 22,361台
2017年6月26日~7月2日 25,805台
2017年7月3日~7月9日 26,256台
2017年7月10日~7月16日 31,906台
2017年7月17日~7月23日 98,999台
2017年7月24日~7月30日 89,314台
2017年7月31日~8月6日 61,933台
2017年8月7日~8月13日 87,798台

今回は87,798台という販売台数でした。

前回は6万台と少し販売台数が下がった(それでもこれまでと比較すると多い)のですが、今回は87,798台と再び増加したようです。
任天堂は今年6月22日に「7月~8月は6月よりもSwitch本体を多く出荷します。」という声明を出しましたが、約束を守ったことになりますね。

8月25日には『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』が発売されます。
本体同梱版も同時発売となるので、この週は出荷台数がさらに増えると思います。
8月の合計出荷台数がどれくらいになるのか楽しみですね。

ゲームソフト販売ランキング

1位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(同梱版含む) (3DS)
2位:スナックワールド トレジャラーズ (3DS)
3位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(同梱版含む) (PS4)
4位:スプラトゥーン2(同梱版含む) (Switch)
5位:マリオカート8 デラックス (Switch)
6位:ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン (PS4)
7位:大逆転裁判1&2 限定版 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- (3DS)
8位:ロックマン クラシックス コレクション 2 (PS4)
9位:ARMS (Switch)
10位:クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり! (PS4)

以下、スイッチ関連のタイトルのみ紹介します。

4位

▼スプラトゥーン2 (同梱版含む)
87,983本
累計:915,628本
Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

5位

▼マリオカート8 デラックス
17,262本
累計:632,894本
マリオカート8 デラックス
マリオカート8 デラックス

9位

▼ARMS
7,866本
累計:197,284本
ARMS
ARMS

13位

▼ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む)
6,642本
累計:560,764本
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

19位

▼1-2-Switch
3,570本
累計:242,742本
1-2-Switch
1-2-Switch

【総括】
先週に引き続き、7月29日に発売されたニンテンドー3DS版『DQ11』が首位に輝きました。
PS4版は後退して3位に。
販売本数は、3DS版が116,615本、PS4版が91,147本となりました。
累計では、3DS版が1,573,216本、PS4版が1,242,260本です。

今回はSwitchの販売台数が前回よりも2万台以上増えました。
その為、それに応じてSwitch用ソフトの販売本数も増えています。
『1-2-Switch』は前回21位から、19位に浮上してます。
『スプラトゥーン2』の販売本数も、74,235本から87,983本に増えています。

ファミ通版の販売本数ランキング

ファミ通版の販売本数ランキング TOP30も公開されています。

ファミ通調べでは、8月7日~8月13日の期間Switch本体が7.7万台を売り上げた。と書かれています。
また、ファミ通版のランキングでは『スプラトゥーン2』が2位にランクインしてます。
新作の『スナックワールド』は3位です。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の3DS版が3週連続で首位獲得

 3連休を含むお盆休みの時期ということから、夏商戦がピークを迎えた感のある今回の集計期間は、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』のニンテンドー3DS版が11.7万本を販売し、3週連続の首位を獲得した。累計も150万本を突破している。

 また、本体同梱版が売り上げを伸ばした、『スプラトゥーン2』が8.7万本で2位に浮上。累計も97.5万本と、次回ミリオン達成となりそうだ。

 新作では、レベルファイブのクロスメディアプロジェクト第4弾『スナックワールド トレジャラーズ』が8.4万本を販売し、3位に初登場。ほか、パッケージ版の『Minecraft: PlayStation Vita Edition』が発売から2年5ヵ月で累計100万本に到達している。

 ハード市場では、Nintendo Switchが7.7万台を売り上げ、首位をキープした。