2017年7月10日~7月16日の販売ランキングが公開! Switch本体は31,906台を販売!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月10日~7月16日のメディアクリエイト調べ ゲームソフト週間販売ランキングが公開されました。

2017年3月3日に発売されたNintendo Switchですが、7月10日~7月16日の期間で国内推定販売台数31,906台を記録したようです。
情報源:4Gamer

【Switch本体の売り上げ】
※メディアクリエイト調べより
期間 販売台数
2017年3月3日~3月5日 329,152台
2017年3月6日~3月12日 61,998台
2017年3月13日~3月19日 49,913台
2017年3月20日~3月26日 78,441台
2017年3月27日~4月2日 45,509台
2017年4月3日~4月9日 41,193台
2017年4月10日~4月16日 45,673台
2017年4月17日~4月23日 48,694台
2017年4月24日~4月30日 76,679台
2017年5月1日~5月7日 47,911台
2017年5月8日~5月14日 24,712台
2017年5月15日~5月21日 26,114台
2017年5月22日~5月28日 27,146台
2017年5月29日~6月4日 23,524台
2017年6月5日~6月11日 27,291台
2017年6月12日~6月18日 37,709台
2017年6月19日~6月25日 22,361台
2017年6月26日~7月2日 25,805台
2017年7月3日~7月9日 26,256台
2017年7月10日~7月16日 31,906台

今回は31,906台という販売台数でした。

7月~8月は6月よりも出荷台数を増えすと任天堂が発表していますが、まだ大きな増産はされていませんね。
3月~4月頃のように毎週4万台以上は出荷されないと品薄はなかなか解消されないと思うので、任天堂には頑張ってもらいたいです!

ゲームソフト販売ランキング

1位:ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ (PS4)
2位:Hey! ピクミン (3DS)
3位:ガンダムバーサス(限定版含む) (PS4)
4位: Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼 (3DS)
5位:マリオカート8 デラックス (Switch)
6位:100%パスカル先生 完璧ペイントボンバーズ (3DS)
7位:ARMS (Switch)
8位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む) (Switch)
9位:スーパーボンバーマン R (Switch)
10位:ポケットモンスター サン/ムーン (3DS)

以下、スイッチ関連のタイトルのみ紹介します。

5位

▼マリオカート8 デラックス
11,554本
累計:575,048本
マリオカート8 デラックス
マリオカート8 デラックス

7位

▼ARMS
8,642本
累計:170,003本
ARMS
ARMS

8位

▼ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む)
7,015本
累計:537,027本
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

9位

▼スーパーボンバーマンR
5,200本
累計:97,123本
スーパーボンバーマンR
スーパーボンバーマンR

【総括】
注目すべきは9位にランクインした『スーパーボンバーマン R』です。

4月24日~4月30日のランキング(メディアクリエイト調べ)では、『スーパーボンバーマン R』が3,338本を売り上げて18位に入っていますが、それ以降は上位20位以内にランクインしていません。(上位20位圏外)

しかし、今週は5,200本(7月10日~7月16日)売れて再び上位に浮上してます。
この理由は簡単です。

7月10日~11日にかけて開催された「Amazon プライムデー」で、『Nintendo Switch&ボンバーマン Rのセット』が販売されたためです。
おそらくですが、これでボンバーマン Rの販売本数が増えたのだと思います。
販売ランキングでランクインするくらいですから、プライムデー用にかなりセットが用意されていたのかもしれませんね。

ファミ通版の販売本数ランキング

ファミ通版の販売本数ランキング TOP30も公開されています。

ファミ通調べでは、7月10日~7月16日の期間『ボンバーマンR』がベスト30位以内にランクインしていませんでした。
メディアクリエイト調べとは集計方法が違うので、Amazonのが反映されてないのかもしれないですね。

『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』が首位を獲得

 新ハードのNewニンテンドー2DS LLと有力タイトルが登場し夏商戦が開幕した今回のランキングは、『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』が9.8万本を売り上げ、首位を獲得した。同シリーズのリメイクタイトルとしては、『ファイナルファンタジー零式 HD』(2015年3月発売、PS4・Xbox One)の初週をやや上回る形となっている。

 また、ニンテンドー3DS向けに登場した『Hey! ピクミン』が8.0万本を販売し、2位にランクイン。Wii U版『ピクミン3』(2013年7月発売)の初週には及ばないものの、息の長い売れ行きを見せそうだ。

 ハード市場では、Newニンテンドー2DS LLが3.7万台を販売。ニンテンドー3DSトータルでは4機種合計で4.8万台を売り上げ、2月2週以来、約5ヵ月ぶりにトップに立った。