2017年6月12日~6月18日の販売ランキングが公開! Switch本体は37,709台を販売!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月12日~6月18日のメディアクリエイト調べ ゲームソフト週間販売ランキングが公開されました。

2017年3月3日に発売されたNintendo Switchですが、6月12日~6月18日の期間で国内推定販売台数37,709台を記録したようです。
情報源:4Gamer

【Switch本体の売り上げ】
※メディアクリエイト調べより
期間 販売台数
2017年3月3日~3月5日 329,152台
2017年3月6日~3月12日 61,998台
2017年3月13日~3月19日 49,913台
2017年3月20日~3月26日 78,441台
2017年3月27日~4月2日 45,509台
2017年4月3日~4月9日 41,193台
2017年4月10日~4月16日 45,673台
2017年4月17日~4月23日 48,694台
2017年4月24日~4月30日 76,679台
2017年5月1日~5月7日 47,911台
2017年5月8日~5月14日 24,712台
2017年5月15日~5月21日 26,114台
2017年5月22日~5月28日 27,146台
2017年5月29日~6月4日 23,524台
2017年6月5日~6月11日 27,291台
2017年6月12日~6月18日 37,709台

今回は37,709台という販売台数でした。

24,712台⇒26,114台⇒27,146台⇒23,524台⇒27,291台と、ここ最近ずっと2万台が続いていましたが、6月16日の『ARMS』の発売に合わせて本体の出荷が増えたようですね。
4万台以上は販売(出荷)されるかと思ったのですが、思ったよりも少ない数でした。

ゲームソフト販売ランキング

1位:ARMS (Switch)
2位:マリオカート8 デラックス (Switch)
3位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む) (Switch)
4位:モンスターハンターダブルクロス (3DS)
5位:鉄拳7 (PS4)
6位:イースVIII -Lacrimosa of DANA- (PS4)
7位:ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX (3DS)
8位:グランド・セフト・オートV (4990円版) (PS4)
9位:ニーア オートマタ (PS4)
10位:ポケットモンスター サン/ムーン (3DS)

以下、スイッチ関連のタイトルのみ紹介します。

1位

▼ARMS
100,652本
累計:100,652本
ARMS
ARMS

2位

▼マリオカート8 デラックス
16,822本
累計:522,091本
マリオカート8 デラックス
マリオカート8 デラックス

3位

▼ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む)
10,200本
累計:504,726本
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

12位

▼聖剣伝説コレクション
2,835本
累計:37,728本

聖剣伝説コレクション
聖剣伝説コレクション

14位

▼1-2-Switch
2,618本
累計:222,668本
1-2-Switch
1-2-Switch

【総括】
6月16日に発売されたばかりの新作『ARMS』が1位になりました。
10万本超えと、最高のスタートを切れたんじゃないでしょうか。
重要なのは、これからどれくらい数字を伸ばしていけるかですね。

2位は『マリオカート8 デラックス』、3位は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』です。
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、マリオカート8 デラックスに続いて国内累計販売本数が50万本に到達しました。

【ファミ通版の販売本数ランキング】
ファミ通版の販売本数ランキング TOP30も公開されています。

Nintendo Switch本体が6月12日~6月18日に前週比174.7%となる4.9万台を売り上げ、首位をキープしたと書かれています。
メディアクリエイト調べ(37,709台)と1万台以上開きがありますね。

唯一の新作『ARMS』が首位を獲得

 発売タイトルの非常に少ない時期が続く中、今回のソフトランキングは、唯一の新作『ARMS』が12.2万本を販売し、首位を獲得した。Nintendo Switchタイトルとしては、『マリオカート8 デラックス』、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に次ぐ歴代3番目の立ち上がりとなっている。

 また、Nintendo Switch本体は、前週比174.7%となる4.9万台を売り上げ、首位をキープ。ハードの販売台数が増えたこともあり、TOP3をNintendo Switchタイトルが占める結果となった。

 一方、6月18日まで「Days of Play」キャンペーンを行っていたプレイステーション4も、前回よりハードの売れ行きが伸び、2機種合計2.5万台を販売している。