2017年5月22日~5月28日の販売ランキングが公開! Switch本体は27,146台を販売!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月22日~5月28日のメディアクリエイト調べ ゲームソフト週間販売ランキングが公開されました。

2017年3月3日に発売されたNintendo Switchですが、5月22日~5月28日の期間で国内推定販売台数27,146台を記録したようです。
情報源:4Gamer

【Switch本体の売り上げ】
※メディアクリエイト調べより
期間 販売台数
2017年3月3日~3月5日 329,152台
2017年3月6日~3月12日 61,998台
2017年3月13日~3月19 49,913台
2017年3月20日~3月26日 78,441台
2017年3月27日~4月2日 45,509台
2017年4月3日~4月9日 41,193台
2017年4月10日~4月16日 45,673台
2017年4月17日~4月23日 48,694台
2017年4月24日~4月30日 76,679台
2017年5月1日~5月7日 47,911台
2017年5月8日~5月14日 24,712台
2017年5月15日~5月21日 26,114台
2017年5月22日~5月28日 27,146台

今回は27,146台という販売台数でした。

24,712台⇒26,114台⇒27,146台と、ここ最近はずっと2万台が続いていますね。

ARMSやスプラトゥーン2発売に向けて本体在庫を溜め込んでいるのでしょうか?

ゲームソフト販売ランキング

1位:イースVIII -Lacrimosa of DANA- (PS4)
2位:マリオカート8 デラックス (Switch)
3位:ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ (Switch)
4位:モンスターハンターダブルクロス (3DS)
5位:GUILTY GEAR Xrd REV 2 (PS4)
6位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む) (Switch)
7位:ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX (3DS)
8位:ニーア オートマタ (PS4)
9位:ポケットモンスター サン/ムーン (3DS)
10位:ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王(限定版含む) (3DS)

以下、スイッチ関連のタイトルのみ紹介します。

2位

▼マリオカート8 デラックス
26,993本
累計:467,689本

マリオカート8 デラックス
マリオカート8 デラックス

3位

▼ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ
16,404本
累計:16,404本

ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ
ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ

6位

▼ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む)
10,390本
累計:476,021本
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

16位

▼1-2-Switch
2,825本
累計:214,618本
1-2-Switch
1-2-Switch

【総括】
『マリオカート8 デラックス』は今週も26,993本で、2位です。
1位はイースVIIIに奪われたものの、相変わらず高い人気となっているようです。

そして、5月26日に発売した『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』は、16,404本を売り上げ、初登場3位にランクインしました。

【ファミ通版の販売本数ランキング】
ファミ通版の販売本数ランキング TOP30も公開されています。

Nintendo Switch本体が5月22日~5月28日に2.7万台を販売したが、まだ需要に追いついていないと紹介されています。

新作のプレイステーション4版『イースVIII』が首位を獲得

ほぼ1ヵ月ぶりに新作が上位を賑わす形となった今回は、プレイステーション4版『イースVIII -Lacrimosa of DANA(ラクリモサ・オブ・ダーナ)-』が3.1万本を売り上げ、首位を獲得した。2016年7月に発売されたプレイステーション Vita版の初週には届かなかったが、追加要素のある後発移植を踏まえると、まずまずの出足と言える。

3位と4位には対戦格闘の新作が並んだ。『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』が1.7万本、『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴツー)』が1.3万本を販売している。

一方ハード市場では、Nintendo Switch本体が2.7万台を販売したが、まだ需要には追いついていない。前回よりも販売台数を伸ばしたプレイステーション4は、2機種合計で2.0万台を売り上げている。