2017年5月8日~5月14日の販売ランキングが公開! Switch本体は24,712台を販売!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月8日~5月14日のメディアクリエイト調べ ゲームソフト週間販売ランキングが公開されました。

2017年3月3日に発売されたNintendo Switchですが、5月8日~5月14日の期間で国内推定販売台数24,712台を記録したようです。
情報源:4Gamer

【Switch本体の売り上げ】
※メディアクリエイト調べより
期間 販売台数
2017年3月3日~3月5日 329,152台
2017年3月6日~3月12日 61,998台
2017年3月13日~3月19 49,913台
2017年3月20日~3月26日 78,441台
2017年3月27日~4月2日 45,509台
2017年4月3日~4月9日 41,193台
2017年4月10日~4月16日 45,673台
2017年4月17日~4月23日 48,694台
2017年4月24日~4月30日 76,679台
2017年5月1日~5月7日 47,911台

今回は24,712台という数字でした。

今までに比べて、かなり販売台数が落ちていますね。
といっても、今も相変わらず国内で品薄状態が続いています。
ただ単に、今週は出荷が少なかっただけと思われます。

ゲームソフト販売ランキング

1位:マリオカート8 デラックス (Switch)
2位:モンスターハンターダブルクロス (3DS)
3位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む) (Switch)
4位:ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX (3DS)
5位:進撃の巨人 死地からの脱出(限定版含む) (3DS)
6位:ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王(限定版含む) (3DS)
7位:ニーア オートマタ (PS4)
8位:DARK SOULS III (ダークソウル III) THE FIRE FADES EDITION (PS4)
9位:プロ野球 ファミスタ クライマックス (3DS)
10位:マリオスポーツ スーパースターズ (3DS)

以下、スイッチ関連のタイトルのみ紹介します。

1位

▼マリオカート8 デラックス
36,440本
累計:411,915本

マリオカート8 デラックス
マリオカート8 デラックス

3位

▼ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(限定版含む)
11,916本
累計:454,783本
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

11位

▼1-2-Switch
3,410本
累計:208,856本
1-2-Switch
1-2-Switch

【総括】
今週も『マリオカート8 デラックス』が1位でした。
36,440本という数字です。

累計販売本数は411,915本となりました。
遅くても6月中には50万本越えていきそうな勢いですね。

初登場タイトルでは、3DSの『進撃の巨人 死地からの脱出』が8,599本でした。
ちょっと寂しい感じがしますね。

【ファミ通版の販売本数ランキング】
ファミ通版の販売本数ランキング TOP30も公開されています。
ファミ通では、2.5万台のSwitch本体が5月8日~5月14日に販売された。と書かれています。

どうやら連休明けで出荷が少なかったことが原因のようです。

『マリオカート8 デラックス』が3週連続の首位を獲得

 ゴールデンウィーク明けで新作の発売も少なかった今回のソフトランキングは、『マリオカート8 デラックス』が3.1万本を売り上げ、3週連続となる首位を獲得した。『モンスターハンターダブルクロス』は、1.4万本と前週から販売本数が減少したものの、2位に順位を上げている。

 新作では、『進撃の巨人 死地からの脱出』が1.1万本を売り上げ、3位にランクイン。過去に発売された同原作のタイトルとは内容もジャンルも大きく異なるが、スタートはやや緩やかなものとなった。

 一方、ハード市場では、連休明けで出荷の少なかったNintendo Switchが2.5万台を販売。プレイステーション4は2機種合計1.7万台を売り上げ、2番手となっている。