コンソール版『ロードス島戦記ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』が2021年12月16日に発売決定!

スポンサーリンク


パブリッシャーのPLAYISMが、PS4&PS5&Xbox One&Xbox Series&Nintendo Switch版『ロードス島戦記ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』を2021年12月16日に発売することを発表しました。
価格はダウンロード版が2480円(税込)、パッケージ版が3,980円(税込)に設定されており、本日からAmazon.co.jp(PS4,PS5,Nintendo Switch)などでパッケージ版の予約も開始となります。

なお、パッケージの初回生産分には、オリジナルサウンドトラックとスペシャルブックが数量限定で付属するとのことです。

【初回生産分特典】
●オリジナルサウンドトラック(全22曲)
ジャケットはPC版のイラストを担当した甲斐千鶴氏による全イラスト描き下ろし(5枚)

●ロードス島戦記-ディードリット・イン・ワンダーラビリンス-スペシャルブック
小説版「ロードス島戦記」のイラストを担当した出渕裕氏の過去作品も収録

本作は、ファンタジー小説の金字塔『ロードス島戦記』の”誓約の宝冠”に至るディードリット空白の物語を原作の水野良氏監修の下、Team LadybugおよびWSS playgroundによって開発された、2D探索型アクションゲーム(メトロイドヴァニア)です。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

ファンタジー小説の金字塔『ロードス島戦記』の”誓約の宝冠”に至るディードリット空白の物語を原作の水野良氏監修の下、2D探索型アクションゲーム(メトロイドヴァニア)として描いた作品です。多彩な武器、そして精霊の力を借りて、この迷宮の謎を解き明かしましょう。

『ロードス島戦記 -ディードリット イン ワンダーラビリンス-』は、
ファンタジー小説の金字塔『ロードス島戦記』の”誓約の宝冠”に至るディードリット空白の物語を
原作の水野良氏監修の下、2D探索型アクションゲーム(メトロイドヴァニア)として描いた作品です。
“ロードス島戦記”ファンはもちろんのこと、原作を知らない方でも十分楽しむことができます。

■ストーリー
突然見知らぬ場所で目を覚ましたディードリット
ここはどこなのか? なぜここに居るのか?
問いかけても誰も答えてはくれず、ただ静寂があるのみ
ディードは答えを求め、おもむろに歩き出すのであった…

■このゲームの特徴
全6ステージの迷宮を探索
目を覚ましたディードリットは、
様々な仕掛けに満ちた多種多様な6つのステージを探索します
冒険する中でスライディングやホバリングなどの能力を得ることにより、
探索できる領域が広がっていきます

剣と弓による攻撃
近くの敵には強力な剣攻撃、遠くの敵には飛び道具の弓攻撃が可能

装備の切り替え
道中で手に入れた剣や弓などを自由に装備することができます
強力な道具を手に入れることによって探索を有利に進められます
いらなくなった武器は売ることも可能です

精霊の切り替え
使役する精霊を切り替えてディードリットの属性を変更できます
風の精霊シルフを使役している間は風攻撃に対して強く
炎の精霊サラマンダーを使役している間は炎攻撃に対して強くなります

精霊のレベルアップ
敵を攻撃したり倒したりした時に発生するソウルスクリームを吸収すると使役する精霊がレベルアップします
精霊のレベルはディード自身の強さとなって表れます
精霊のレベルがMAXの3の場合、HPを自動で回復します

※掲載している価格等の情報は、2021年9月25日時点のものです。

情報源:PLAYISM

©水野良・グループSNE/KADOKAWA/Team Ladybug・WSS playground