コンソール&PC版『Little Orpheus』が海外向けとして2022年3月1日に発売決定!

スポンサーリンク

パブリッシャーのSecret ModeとデベロッパーのThe Chinese Roomが、PS4&PS5&Xbox One&Xbox Series&Nintendo Switch&PC版『Little Orpheus』を海外向けとして2022年3月1日に発売することを発表しました。

本作は、『Dear Esther』や『Everybody’s Gone to the Rapture -幸福な消失-』で数々の賞を受賞したイギリスのデベロッパーThe Chinese Roomが手がけ、Apple Arcade向けとして2020年にリリースされたタイトルのリマスター版となる横スクロール・アドベンチャーゲームです。
ユーモアと冒険に満ちた魅力的なストーリーを特徴にしています。

以下、Steaemの商品紹介から本作の概要です。

あの The Chinese Room が手がけ、いくつもの賞に輝くアップルアーケード作品を大画面用にリマスター。
オリジナル版のボーナスコンテンツもすべて収録した決定版として登場。英雄がやってくる!

時は1962年。NASAが人類を月に送り込もうとしていたそのとき、シベリアの片田舎でも一人の旧ソ連の宇宙飛行士が月とはまったく反対の方向を目指していた。同志イヴァン・イヴァノヴィチは、地球の中心を探査するために、探査カプセル「リトル・オルフェウス」に入れられて死火山に投下された。だがそのあとすぐに、彼は姿を消してしまう。

それから3年後、再び姿を現したイヴァンは世界を救ったと主張する。そして「リトル・オルフェウス」の動力源である原子爆弾も失ってしまっていた。そんな彼はウラル山脈の地下深くにある極秘の掩蔽壕に連れていかれ、ある人物から事情聴取を受ける。スターリンさえ酒を奢らないだろうと恐れられるユルコヴォイ大将だ。「さて、同志よ。一体どこに姿を隠していた?」大将は袖をまくりあげ、鋼のように鋭い視線でイヴァンをにらみつけて言った。「そして私の爆弾はどこにある?」イヴァンは相手をジッと見つめて、こう返した。「大将、私の身に起こったことを話しても、あなたは信じないでしょうね。でも出来る限り正確にお伝えしましょう。だって私が実際に体験したことなんですからね…」

勇敢でありながら、どこか不運な英雄と共に失われた文明、海底の王国、先史時代のジャングル、想像を超えた場所を探索しよう。類人種メンクヴとの戦いや、恐ろしいモンスターから間一髪逃れるイヴァンを手に汗握って見守ろう!絶望的な戦いに勝利し、地下の世界に社会主義をもたらすイヴァンを讃えよう!

『Little Orpheus』は、往年の名作映画『フラッシュ・ゴードン』、『シンドバッド』、『恐竜の島』などからインスピレーションを得た、色鮮やかな世界を舞台にした横スクロールのアドベンチャーゲーム。シンプルでありながらしっかりと作り込まれたプラットフォームと軽めの謎解きで、初心者からベテランまで幅広いプレイヤーを満足させてくれる。

かつて大ヒットしたファミリー向け作品のファンはもちろん、地核からその先の世界へとめまぐるしく進んでいくストーリーを求めるあなたも、イデオロギー的に正しいエンターテイメントを必要とするあなたも、ひと味違った主人公と一緒に想像を超えた冒険に出よう。圧倒的なビジュアル、見事なアクト、世界的な評価を備えた『Little Orpheus』で素晴らしい地下体験を!さあ同志よ、地球の中心へいざ!

【特徴】
■高解像度のテクスチャ、新たなムーブとアニメーション、強化されたグラフィックと照明効果などでPC用にリマスターされたカラフルで見事な世界。
■『Dear Esther』や『Everybody’s Gone to the Rapture -幸福な消失-』で数多の賞を受賞したイギリスのディベロッパー「The Chinese Room」が手がける、ユーモアと冒険に満ちた魅力的なストーリー。
■輝かしい受賞歴を誇るボーカルパフォーマンス&英国アカデミー賞を受賞した作曲家ジェシカ・カリーとジム・ファウラーによる世界的なミュージックスコアをPC用5.1サラウンドで強化。
■ボーナス版エピソード9 「A Rush of Onion to the Head」 およびアップデート「Lost Recordings Mode」を収録。

英雄がやってくる!