リアルタイムストラテジー「TinyWar High-Speed」改め『Little Bit War』がSwitchで発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」や「レトロゲームファクトリー」などで知られる小説家で、ゲーム作家・柳井政和さんのサークル「るてんのお部屋」が、Play,Doujin!参加することがアナウンスされました。

裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
柳井 政和
文藝春秋
売り上げランキング: 145,999
レトロゲームファクトリー (新潮文庫nex)
柳井 政和
新潮社 (2018-10-27)
売り上げランキング: 29,009

そしてリアルタイムストラテジー「TinyWar High-Speed」改め、『Little Bit War』がNintendo Switchで発売されることが決定しています。
発売日・価格等は発表されていません。




『TinyWar High-Speed』は、PC(Steam,Windows)向けとして発売されている、8bit風リアルタイムストラテジーです。
同人サークル「るてんのお部屋」によって開発されました。

Switch版はタイトルが『Little Bit War』に改められて発売される予定です。

以下、Steeamの商品紹介ページより本作の概要です。

8bit風RTS! スピード ボタンで高速クリア、1ステージ5~10分ほどでクリアできます。

このゲームは、8bit風のRTSです。
ファミコン風の軍隊が大量に画面上を動いて、戦争を繰り広げます。

このゲームには、高速クリアするための「スピード」ボタンが付いています。
9段階のスピードアップで、1ステージ5~10分ほどでクリアできます。

操作はとても簡単です。
自軍は赤色。建物を配置するだけの簡単操作です。
生産系建物を配置すれば、軍隊を自動生成します。軍隊は自動で近くの敵の街を攻めます。
防御系建物を配置すれば、軍隊を自動迎撃します。

各ステージは、マップ上の全ての街を占拠すればクリアです。
ステージをクリアすると、建物や特殊能力を獲得できます。
様々なステージがあなたを待っています!

■戦場での戦い方1
時間が進むと、自軍の街の数に応じて軍資金が入ってきます。
自分の色は赤です。軍資金を使って、赤い街の土地に建物を建てていきます。
生産系の建物を作ると、軍隊が自動で生産され、最寄りの敵の街に進軍を開始します。
防御系の建物を作ると、敵の軍隊を自動で迎撃します。
街は歩兵でなければ占拠できません。
街を全て占領するとステージクリアです。

■マップ選択
戦いは戦場選びから始まっています。
敵に囲まれた配置は、四方から攻められて大変です。
狭い土地しかないマップは、建物を配置できず不利です。
4つ表示されるマップはランダムで生成され、何度でも変更できます。
ステージが進むほど 難易度が上がります。
街の数や 敵の初期軍資金が増えます。

■特殊能力
ステージをクリアすると、建物や特殊能力を1つ選べます。
ステージをクリアする毎に選択肢は増えます。
特殊能力には様々な効果があります。
軍資金を得る能力。
防御系建物の射程やHPを強化する能力。
クマや怪獣や守護者を呼び出す能力。
Bomb:敵軍隊を全破壊して、敵の生産を一定時間止める能力。
Repair:自軍の全建物を修理して、自軍の軍隊を一気に生産する能力。
Meteor:敵の建物をランダムで破壊する能力。
特殊能力を獲得する順番で、ゲームの攻略法は変わります。

■戦場での戦い方2
敵軍が来る場所には防御系の建物を、敵から遠い場所には生産系の建物を作るとよいです。
戦車や自走砲で塔や要塞を破壊していき、歩兵で街を占拠します。
軍資金に余裕があれば、戦闘機や爆撃機で攻撃するのもよいです。
防御は最小限で、生産は最大限。
圧倒的なユニット数で、敵を蹂躙してください。

■高速プレイ
ユニットの生産を待ったり、街の占領を待ったり、ゲームでは結果を待つことがあります。
そうした時には、進行速度を変えることができます。
スピードは9まで上げられます。
無駄な時間を飛ばせば、5~10分で1ステージをクリアできます。

スポンサーリンク