『Let’s Sing 2021』のSwitch版が国内向けとして発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Ravenscourt and Voxlerが、『Let’s Sing 2021』のNintendo Switch版を国内向けとして発売することをアナウンスしました。
販売価格は未定で、2020年12月までに発売を予定しているとのことです。

本作は、歌う事の楽しさが体感できるカラオケゲーム「Let’s Sing」シリーズの最新作です。

なお、国内Switchでは2020年10月にリリースされた『Let’s Sing presents Queen』に続いての登場となります。

以下、Microsoft Storeから本作の概要です。

Let’s Sing!
ソロでスーパースターになったり、友達と一緒にスポットライトを浴びよう!
スリルあふれるオンライン/オフラインモードで、チャートを席巻した30曲のヒットソングや、時代を超えた色あせない名曲にチャレンジ!
自分の中のロックスターを目覚めさせよう。”Let’s Party”と、新しい”Pop Chicken”モードで、2つのマイクを最大8人の友達とシェアしよう。

音楽に身を任せて、パーティーでスターになり、思いっきりソロで歌おう!
Let’s Singの次のチャプターでは、ビルボードの最新ヒットに加えて、往年のヒット曲も収録!

ビリー・アイリッシュの“Bad Guy”、トーンズ・アンド・アイの“Dance Monkey”、ジョナス・ブラザーズの“Sucker”、パニック!アット・ザ・ディスコの“High Hopes”、そしてジェネシスの“I Can’t Dance”やシールの“Kiss From A Rose”など、過去の名曲も収録。

一人で練習しても、友達や家族のためにカラオケパーティーを開いても、Let’s Sing 2021ならどっちでも楽しめちゃう。
・30曲の世界的大ヒット&オリジナルミュージックビデオ
・ソロで歌ったり、最大8人のプレイヤーで歌おう
・Let’s Partyの新ミニゲーム“Pop Chicken”
・16人のチャレンジャーが登場する新しいレジェンドゲームモード、3つのベーシックチャレンジ、ファイナルバトルで対戦相手と競争
・オンラインランキングでトップを目指して、世界中のプレイヤーとバトルしよう!
・マイクがなくても大丈夫! Let’s Singアプリでスマートフォンがマイクに早変わり!
・オンラインではさらに多くのソングパックをご用意

情報源:Gamer

スポンサーリンク