Switch版『Let’s Sing 2021』が国内向けとして2020年12月24日から配信開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Let’s Sing 2021』が、国内向けとして2020年12月24日から配信開始となりました。
販売価格は4,200円(税込)に設定されています。

また、DLCコンテンツが含まれた「Platinum Edition」もあります。

本作は、歌う事の楽しさが体感できるカラオケゲーム「Let’s Sing」シリーズの最新作です。

<配信ページ>
レッツシング2021
レッツシング2021 – Platinum Edition
追加コンテンツ一覧

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

音楽に身を任せて、パーティーでスターになり、思いっきりソロで歌おう!

Let’s Singの次のチャプターでは、ビルボードの最新ヒットに加えて、往年のヒット曲も収録!

ビリー・アイリッシュの“Bad Guy”、トーンズ・アンド・アイの“Dance Monkey”、ジョナス・ブラザーズの“Sucker”、パニック!アット・ザ・ディスコの“High Hopes”、そしてジェネシスの“I Can’t Dance”やシールの“Kiss From A Rose”など、過去の名曲も収録。

一人で練習しても、友達や家族のためにカラオケパーティーを開いても、Let’s Sing 2021ならどっちでも楽しめちゃう。
・30曲の世界的大ヒット&オリジナルミュージックビデオ
・ソロで歌ったり、最大8人のプレイヤーで歌おう
・Let’s Partyの新ミニゲーム“Pop Chicken”
・16人のチャレンジャーが登場する新しいレジェンドゲームモード、3つのベーシックチャレンジ、ファイナルバトルで対戦相手と競争
・オンラインランキングでトップを目指して、世界中のプレイヤーとバトルしよう!
・マイクがなくても大丈夫! Let’s Singアプリでスマートフォンがマイクに早変わり!
・オンラインではさらに多くのソングパックをご用意

© and published 2020 by Ravenscourt. Ravenscourt is a division of Koch Media GmbH, Gewerbegebiet 1, 6604 Höfen, Austria.
© and developed 2020 by Voxler SAS, 8 passage Brulon, 75012 Paris, France.