Switch版『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』の開発者インタビューがファミ通.comに掲載!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』の開発者インタビューが、ファミ通.comに掲載されました。

インタビューに登場したのは、監督の今井秋芳氏とプロデューサーを務めるトイボックスの金沢十三男氏です。

インタビューによると、本作がヒットすればきっと2作目という道も拓かれる可能性は出てくるとのこと。

今井 そうですね。残念ながら『九龍』の1作目は、最初の売れ行きが悪かったんです。そこから口コミなどで徐々にファンが増えていき、ロングセラーとはなりましたが、初速が遅かったこともあり、続編を出すという話にはなりませんでした。ただ、私としては“作れば必ずおもしろくていい作品に出来る”という自信があったので、いつかそういう機会があれば作りたいとは思っていました。今回のニンテンドーダイレクトでの発表や予約の反響を見ると、多くのファンが待っていてくれたようで、とてもうれしく思うのと同時に、続編を作ればもっとファンは喜んでくれるだろうとも思っています。

――ということは、HDリマスター版がヒットすれば、続編の可能性もあるのでしょうか?

今井 ええ、ヒットすれば、きっと2作目という道も拓かれる可能性は出てくると思っています。リマスター版は、続編を出したいという思いを込めた、再スタートのきっかけ作りでもあります。

――では、ハードをNintendo Switchに決めた理由を教えてください。

金沢 じつはかなり前から動いていたプロジェクトでして、当初は家庭用携帯ゲーム機を意識して考えていました。そんな中、Nintendo Switchが発売になり、携帯機も据え置き機でもあるこのハードがベストだろうと、迷いなくNintendo Switchで行こうと決めました。

他、全文はファミ通.comからチェックしてみてください。

『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』インタビュー【前編】。今井秋芳監督、金沢プロデューサーにリマスター版についてのあれこれを訊く – ファミ通.com
『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』インタビュー【後編】。今井秋芳監督が語る『九龍』開発秘話や続編構想、そして『東京魔人學園』最新作 – ファミ通.com