『スーパーマリオ オデッセイ』は旅行がテーマ。Joy-Conも活用している

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『スーパーマリオ オデッセイ』のプロデューサー・小泉歓晃さんが、海外ゲーム誌GamesMasterのインタビューに答えています。
以下、インタビューから一部抜粋です。
※機械翻訳を使用しているので、100%正確なものではありません。

小泉さんは、3DマリオのDNAについて次のように話しました。
「私はマリオ64から3Dマリオのすべてのタイトルに関わってきました。それらのゲームをデザインして開発するにつれて、3Dマリオゲームで何が動作しているかについて絶えず発見しています。スーパーマリオオデッセイには、その中のすべてのもののDNAが含まれています。」

マリオの旅行の重要性ついては次のように話しました。
「このゲームの主なテーマの1つは旅行です。あなたは初めての場所へ旅行しています。今まで見たことのないような人や住民に遭遇しています。それは驚くべきことです。これらの新しいキャラクターと新しい敵を作成することは、全体的なゲームデザインにおいて非常に重要な部分でした。」
「マリオがニュー・ドンク・シティにいるとき、彼はそこに住んでいる人たちよりもかなり小さいですが、それは私が旅行中に現実に感じたことです。人々のサイズの違いは、「ああ、私は海外にいる。」と感じさせるものです。」

小泉さんは、Joy-Conの活用について次のように話しました。
「私がオデッセイの開発チームに示した最初のことの1つは、Joy-Conでした。そして、私は彼らに「ゲームをデザインするときにジョイコンを使いましょう。別々に両手で持ち歩くことがができるという事実、そしてHD振動を利用してください。」すべての機能性、私は彼らにそれを考慮に入れるように頼みました。

情報源:WccftechMy Favourite Magazines

Amazon

スーパーマリオ オデッセイ
スーパーマリオ オデッセイ