『ゼルダ無双 厄災の黙示録』の累計出荷本数がグローバルで350万本を突破したことが発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社コーエーテクモホールディングスが、『ゼルダ無双 厄災の黙示録』の累計出荷本数がグローバルで370万本を突破したことを「2021年3月期 決算短信」で発表しました。

なお、『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精』は全世界(累計出荷本数)で36万本となりました。

パッケージゲームでは、任天堂株式会社の『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』の世界観を継承した『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が累計出荷本数370万本を超えるヒットとなりました。スマートフォンゲームでは、9月に国内でサービスを開始した『三國志 覇道』は、イベントや大型アップデート、積極的なマーケティング施策を実施した結果、中期経営計画で重点目標として掲げていた月商10億円を達成いたしました。当社がIPを許諾し中国で配信中の『三国志・戦略版』は、App Store月間セールスランキングにおいて18ヶ月連続で上位5位以内にランクイン(出典:App Annie)し、引き続き高い水準で推移しております。また、金融環境の好転に伴い営業外収益も大幅に増加いたしました。

~中略~

「ガスト」ブランドでは、1月に『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』の欧米版とSteam版を販売し、全世界累計出荷本数は36万本となりました。「ライザのアトリエ」シリーズは2作合計でミリオンセールスとなっております。3月には、『サージュ・コンチェルト DX』(PS4、Nintendo Switch、Windows(Steam)用)を発売いたしました

出典:株式会社コーエーテクモホールディングス

情報源:株式会社コーエーテクモホールディングス