Switch版『King’s Bounty II』が海外向けとして2020年に発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『King’s Bounty II』が、海外向けとして2020年に発売されることが1C Entertainmentから発表されました。
以前に発表されたPS4&Xbox One&PCバージョンと共にリリースされる予定です。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

ターン制の戦術シリーズKing’s Bountyに、King’s Bounty 2が新登場!
戦術性に富む戦闘を楽しみつつ、シナリオが分岐する書き起こしストーリーでアンタラの幻想的な世界を堪能し、全ての選択肢が重要となる奥深いRPGシステムをお楽しみください。

好評を博したファンタジーシリーズの最新作King’s Bounty 2では、戦術的なターン制バトルが進化を遂げ、プレイヤーをとらえて離さないRPG体験が実現。おぞましい死者に立ち向かい軍勢を率いるのか、町人と良好な関係を築き上げるのかといった、ひとつひとつの選択に大きな意味が伴います。リアルとファンタジーが融合した豊かな世界で、心奪われる物語、印象的なキャラクター、倫理的な選択といったさまざまな要素を楽しみましょう!

プレイヤーは、個性的な物語で彩られた3人の英雄から1人を選び、その役割を背負うことに。細部まで緻密に作り込まれた空想の世界を舞台に、マルチシナリオのオープンワールドへと旅立ちましょう。2つのフェーズを切りかえながら3人称視点で展開する冒険の中では、クエストに挑み、荒野を探索し、出会った人々と関係を深めてゆくことになります。そして戦闘が発生すると、視点は戦術的ターン制バトルへ移行。プレイヤーは知恵を使ってユニットを動かし、勝利を収めなくてはなりません。

広大なアンタラの地に、巨大な危機が迫る。謎の疫病が広範に蔓延し、国と住人の生活を脅かします。さらに、被害地域の難民が殺到しつつあるノストリア王国では、食糧と資源が不足する事態に。疫病に冒された人類は怪物へと姿を変え、人里を徘徊して混沌と破壊を生み出します。地域の存亡をかけた戦いの最中で、かつてないほどに重大な決断が迫られます。アンタラの未来は、あなたの手に託されました。

【主な特徴】
■映画のような双方向の物語 – 映画のような筆致で描かれるKing’s Bounty 2の物語は、プレイヤーの発言ではなく、行動に選択が委ねられます。基本的な名作RPGの系譜を踏襲した本作では、プレイヤーが繰り返し直面する難しく倫理的な決断によって、王国の命運が大きく左右されることに。そうした局面では、単純な会話の選択肢ではなく、プレイヤーの行動によって物語の行く末が決まります。
■地形の重要性 – プレイヤーが戦闘に突入すると、移動中のワールドマップの地形がそのまま戦場に反映されます。戦闘開始前に周囲の地形を把握しておくことで、リスクを最小限に抑えつつ、戦闘を優位にすすめましょう。
■単調なアリーナに別れを – King’s Bounty 2の戦闘では、リアルで巨大な戦場が不可欠な要素となっています。戦闘マップには渓谷や丘、馬車に至るまで、戦術的な多様性を最大限に生み出すあらゆる障害物や機能が存在しています。戦闘では毎回、様々な戦術によって戦いを有利にも不利にも進めることができます。
■新たなキャラクター成長システム – King’s Bounty 2では、それぞれが独自の物語を背負う3人の登場人物から、操作キャラクターを選択することができます。強さ、芸術、秩序、混乱といった異なる理想を抱いているため、王国を探検するにつれてキャラクターの物語は個々に変遷を遂げるでしょう。こうした選択でNPCによる反応が変わるだけでなく、世界にも目に見える形で影響を及ぼすことになります。
■個性的な部隊 – 各部隊は完全に独自のユニットで構成されており、それぞれにスキルセットと外観が異なります。無個性の新戦力を招き入れるのではなく、人間、エルフ、トロル、などの様々な生物によって軍隊が構成され、彼らと多くの戦闘を共にすることで、解けることのない絆が紡がれてゆくのです。
■戦術的な奥行きのある戦闘 – King’s Bounty 2では、視野の確保といった、奥深く充実した戦闘体験をもたらす戦術要素が新しく登場します。戦闘中に突如として発生する戦術イベントも、緊張感のあるプレイを実現します。
■リアリズムとファンタジーが混在する独自の世界観 – ファンタジーで広く愛される世界観と、確かなリアリズムが見事に融合した広大なファンタジー世界を体感しましょう。絶望に満ちた、王国を包む苦闘の物語に確かな手触りを感じてください。

経由:Nintendo Soup

© 2020 1C Entertainment. All rights reserved.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク