Switch版『キングメーカー: 王座へ昇る』が海外向けとして2018年12月20日に配信決定!王位に対する陰謀をテーマにしたポイント&クリックアドベンチャー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『キングメーカー: 王座へ昇る』が、海外向けとして2018年12月20日に配信されることが決定しました。
北米での販売価格は$14.99に設定されています。

本作は、PCやスマートフォン向けとして配信されている、昔ながらのポイント&クリックアドベンチャーゲームです。

2人の王立騎士であるエマニュエルとランドール・ウルマーが、王位に対する陰謀に巻き込まれる物語が描かれています。
ゲームには、30のミニゲームやパズル要素、38のロケーション、40の収集アイテム、18の成果などが含まれています。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

2人の王室の騎士、エマニュエルとランドール・ウルマーは、王位に対する陰謀に巻き込まれる。王室警備隊と無慈悲な共謀者に追われ、兄弟は王家の苦い秘密を明かし、ウルマー家の名誉を晴らし、彼らの運命を永遠に変えるべく、危険な旅を始める。

何年も前の事、グリフィン谷の王子は、貧しい少女と恋に落ちた ‐ そして彼の父の反対にもかかわらず、彼女と結婚した。
王は、不釣り合いな結婚を許すことが出来なかった、実の息子を十字軍へ送り、彼の不在を利用して若い妻を城から追放した、王子がそのうち彼女の事を忘れるだろうと考えて。
ところが後継者が戦死したことで計画は頓挫する、そして最愛の若い妻は出産により命を落とした。

息子の死により、王は悲嘆に沈んだ。
そして王位の継承が揺らぐ。王室裁判所は野心と陰謀によって支配されていた。
戦死した王子に忠実だった一派が、彼の子孫を隠すことを決めた。
エドマンド・ウルマー、王室の騎士は、行方不明の後継者を探し、彼が王位を取り戻し、グリフィン谷の王座へと導く!

<特長>
●グリフィン谷の38のミステリアスなロケーションを訪れよう!
●30のミニゲームとパズルを解いて、王冠を見つけよう!
●王室裁判所の 10人 のメンバーに会おう!
●40の収集アイテムを見つけ、18の成果を集めよう!
●続けてボーナスアドベンチャーの「偽りの行い」をプレイ!

情報源:米任天堂公式サイト

スポンサーリンク