星海社から『Keyの軌跡』が2019年11月27日に発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

星海社(講談社)から、『Keyの軌跡』が2019年11月27日に発売されることが決定しました。
販売価格は1,210円(税込)に設定されています。

本書は、『Kanon』や『AIR』、『CLANNAD』などで知られる美少女ゲームブランドKeyのこれまでの歩みを収録したファン必見の一冊です。
Key完全監修のもと、Key作品の軌跡を徹底考察したものになるとのこと。

<内容>
伝説的”泣き”の創造主・Keyの歩みがこの一冊に!
一九九八年の創立以来、コンテンツカルチャーに絶大な熱狂を巻き起こしてきたゲームブランド・Key。本書はKey完全監修のもと、Key作品の軌跡を徹底考察!
ビジュアルノベルの可能性を拡張した『Kanon』、麻枝准が独自の幻想を昇華させた『AIR』、ラブストーリーの域を超え“人生”を描破した『CLANNAD』、Keyの諸作品を完璧なまでに映像化した京都アニメーションの功績から、オリジナルアニメ『Angel Beats!』『Charlotte』の挑戦まで、Keyが生み出した数多の“奇跡”を濃密な批評で解き明かします。
私たちは、辿り始めるーー九〇年代、ゼロ年代、一〇年代を駆け抜けてきたクリエイターたちが紡いだ、長い、長いKeyの歴史を。

<著者について>
■坂上 秋成
小説家、文芸批評家
一九八四年生まれ。早稲田大学法学部卒業。文学、ビジュアルノベル、マンガなどをおもな批評のフィールドとする。
小説家としては純文学とエンターテインメントを往還しながら執筆をおこなう。
著作に批評『TYPE-MOONの軌跡』、小説『惜日のアリス』『夜を聴く者』『モノクロの君に恋をする』『ビューティフル・ソウル』がある。

■Key
馬場隆博が一九九一年に設立したキャラクターコンテンツ事業会社・ビジュアルアーツ傘下のゲームブランド。
『Kanon』『AIR』『CLANNAD』『リトルバスターズ!』など、シナリオにより感動を与えることに巧緻を巡らせたビジュアルノベルゲームを発表し続け、「泣きゲー」の元祖と称される。京都アニメーションによりアニメ化された『Kanon』『AIR』『CLANNAD』、在籍するシナリオライター・麻枝准が脚本を務めP.A.WORKSが制作したオリジナルアニメ『Angel Beats!』『Charlotte』などは平成を代表するアニメ作品として絶大な支持を誇る。

・ページ数:256ページ

※掲載している価格等の情報は、2019年11月13日時点のものです。

予約先

【Amazon.co.jp】
Keyの軌跡
【楽天ブックス】
Keyの軌跡
【HMV&BOOKS online】
Keyの軌跡
【紀伊國屋書店】
Keyの軌跡
【楽天市場】
Keyの軌跡で検索
【Yahooショッピング】
Keyの軌跡で検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする