任天堂が決算短信等を2019年4月25日に公開。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日2019年4月25日に、任天堂が「2019年3月期 決算短信」等を公式サイトに掲載しました。

以下、任天堂公式サイトより概要です。
書いてはみたものの適当に省いたものでまとめてる時間もないので、見なくても大丈夫です。
任天堂公式サイトのほうを見たほうがいいでしょう。

■1.経営成績等の概況
(1)当期の経営成績・財政状態の概況
①当期の経営成績の概況
当期の状況は、NintendoSwitchでは、ソフトウェアの販売が好調に推移し、ハードウェアの販売拡大に貢献しました。
特に『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』が1,381万本、『ポケットモンスターLet’sGo!ピカチュウ・Let’sGo!イーブイ』が1,063万本、『スーパーマリオパーティ』が640万本の販売を記録するなど全世界で大ヒットとなりました。
加えて、『マリオカート8デラックス』が747万本を販売するなど、前期以前に発売したタイトルやソフトメーカー様のタイトルも好調に販売本数を伸ばし、当期のミリオンセラーのタイトル数はソフトメーカー様のタイトルを含めて23タイトルとなりました。
これらの結果、当期のハードウェアの販売台数は1,695万台(前期比12.7%増)、ソフトウェアの販売本数は1億1,855万本(前期比86.7%増)となりました。

一方、発売から8年が経過したニンテンドー3DSでは、ハードウェアの販売台数は255万台(前期比60.2%減)、ソフトウェアの販売本数は1,322万本(前期比62.9%減)となりました。
その他、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」及び「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」は合計595万台の販売となりました。
ゲーム専用機におけるデジタルビジネスでは、主にNintendoSwitchのパッケージ併売ソフトやダウンロード専用ソフト等による売上が好調だったことにより、デジタル売上高は1,188億円(前期比95.4%増)となりました。

モバイルビジネスでは、当期に配信を開始した『ドラガリアロスト』をはじめ、配信済みのアプリも国内外で多くのお客様に楽しんでいただいており、モバイル・IP関連収入等の売上高は460億円(前期比17.0%増)となりました。
これらの状況により、売上高は1兆2,005億円(うち、海外売上高9,348億円、海外売上高比率77.9%)、営業利益は2,497億円となりました。
また、経常利益は2,773億円、親会社株主に帰属する当期純利益は1,940億円となりました。

<ゲーム専用機販売実績はこちら>


当期ミリオンセラー自社タイトル

【Nintendo Switch】
●大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
国内354万本、海外1028万本、合計1,381万本 累計1,381万本
●『ポケットモンスターLet’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ
国内193万本、海外870万本、合計1,000万本 累計1,063万本
●マリオカート8 デラックス
国内89万本、海外657万本、合計747万本 累計1,669万本
●スーパーマリオパーティ
国内122万本、海外518万本、合計640万本 累計640万本
●ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
国内47万本、海外383万本、合計430万本 累計1,277万本
●スーパーマリオ オデッセイ
国内34万本、海外370万本、合計404万本 累計1,444万本
●New スーパーマリオブラザーズU デラックス
国内69万本、海外263万本、合計331万本 累計331万本
●Splatoon2
国内83万本、海外186万本、合計269万本 累計870万本
●マリオテニス エース
国内55万本、海外209万本、合計264万本 累計264万本
●ドンキーコング トロピカルフリーズ
国内29万本、海外196万本、合計225万本 累計225万本
●星のカービィ スターアライズ
国内36万本、海外94万本、合計130万本 累計256万本
●進め!キノピオ隊長
国内24万本、海外94万本、合計118万本 累計118万本
●OCTOPATH TRAVELER
国内117万本、海外-、合計117万本 累計117万本
●ヨッシークラフトワールド
国内14万本、海外96万本、合計111万本 累計111万本
●Nintendo Labo Toy-Con 01:Variety Kit
国内33万本、海外76万本、合計109万本 累計109万本

その他の主要タイトル販売実績は、任天堂公式サイトからご確認できます。
主要タイトル販売実績

主要製品発売スケジュール

▼任天堂


▼サードパーティ
※日本⇒米国⇒欧州の順番。


情報源:任天堂公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク