ニンテンドースイッチの想定出荷台数は?価格は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

任天堂は26日、今期(2017年3月期)の営業利益予想(決算短信等の資料)を公開しました。
営業利益については、2016年度 第77期 (2017年3月期)の資料を参考にしてください。
そして同日、任天堂の君島達己社長が関係者向けに会見を開きました。

■君島達己とは?
君島達己氏は、任天堂社長だった岩田聡がお亡くなりになった後、2015年9月16日付けで任天堂の第5代代表取締役社長に就任しました。
これからの任天堂を社長として支えていく人物です。

スポンサーリンク

君島達己社長の会見

君島達己社長は会見で、「今期のスイッチの想定出荷台数は200万台」と明らかに。
さらに、スイッチについて「非常に面白い新しいものができたと思っているし、皆さんにも受け入れられると思っている」と続けました。
価格については「赤字では売らない」とした上で、顧客からの期待を考慮すると話しました。

「スイッチは3DSとは異なるもの」というコメントも出し、今後も3DS向けのソフトを開発していくとのことです。
情報源:任天堂:ポケモンGO、円高に勝てず-営業利益予想を下方修正

■Wall Street JournalのTakashi MochizukiさんのTwitterより

・出荷台数について
WiiやWiiUは十分な数を出荷したとは言いづらく、予約してないと発売日に入手するのは難しかったです。
特にWiiはWiiリモコンブームもあり、発売日からしばらくは在庫切れが続き、オークション等での転売も目立っていました。

ニンテンドースイッチは予約争奪戦にならないくらい、十分な数を出荷して欲しい所です。

・価格について
価格については、赤字になるような価格では売らないと述べていました。
ゲーム機はソフトの売り上げがメインです。
その為、ハードは1台売れるごとに赤字になる価格で販売されることがあります。
ハード売り上げで赤字になっても、それでハードの売り上げ数を伸ばして、ソフトの売り上げアップに繋げれば黒字になるわけですから。

でも発売時の価格は「赤字にはならない価格」での販売を考えているようです。
ただ、顧客からの期待を考慮するというコメントもあります。
ここでWiiとWiiUの発売時の価格を見てみましょう。

■Wii
希望小売価格:25000円(税込)

■WiiU プレミアムセット
希望小売価格:30000円(税別)

■WiiU ベーシックセット
希望小売価格:25000円(税別)

これを見ると、25000円~30000円くらいが皆さんが納得できる価格ではないでしょうか。
任天堂のゲーム機はファミリー層向けでもあります。
あまりに高いとファミリー層に目を向けてもらえないので、25000円~30000円前後の価格がベストだと思います。

スポンサーリンク