Wii版『Just Dance 2020』がPS4やXbox Oneバージョンの売り上げを上回ったことが判明!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


JUST DANCEシリーズの最新作となる『Just Dance 2020 (ジャストダンス 2020)』が、海外向けとして2019年11月5日に発売されました。
今回のプラットフォームはPS4/Xbox One/Nintendo Switch/Wii/Google Stadiaで、Wii Uのサポートは残念ながらありません。

しかし、その前のプラットフォームである「Wii」のサポートはあります。

Ubisoftの担当者はこれについてインタビューで、「Just Dance 2020はユーザーが望んでいるためWiiにやってきました。Just Danceシリーズのプレイヤーの多くは、Wiiでプレイし続けている子供と家族です。」と述べました。
その上で、「リハビリテーションの高齢者と病院の患者が現在も使用されてるWiiでプレイできるようにするため。」というファンの声を否定し、Wiiで発売する理由はそれだけではなく、Wii版を望んでいる人がいることを強調しています。

そんなWii版『Just Dance 2020』の初週の売り上げが入ってきており、Wii版がPS4やXbox Oneバージョンの売り上げを上回ったことが判明しました。

Nintendo Switch版は総売上の55%を占めていますが、Wii版はそれに続いて売上の21%を占めています。
PS4バージョンは売上の14%を占め、Xbox Oneバージョンはわずか10%しか占めていません。

もちろんこれは初週のデータであり、今後売り上げが逆転する可能性もありますが、現時点ではWii版には大きな需要があったようです。

情報源:Nintendo SoupNintendo Life

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク