SFC/SFC互換機用ソフト『アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士』が今になって発売される理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日も紹介しましたが、SFC/SFC互換機用ソフト『アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士』が、2017年11月下旬に発売されることが決定しました。

本作は、スーパーファミコンで発売されたベルトスクロールアクションゲームです。
今回発売されるものは当時発売したソフトの再販版となり、パッケージなどに違いがありますが基本的にはゲーム内容は同じものになります。

ではなぜ今になってSFCのソフトを再販することになったのか。
J-CASTニュースが、本作のライセンスを取得しているBlazeproテクノロジー(中国・香港)代表取締役社長のベン・ホイ氏に取材を行ってくれました。
※日本での販売元はコロンバスサークルです。

以下、J-CASTニュースより。

ホイ氏は、今回再販を行った理由を3つ挙げた。

第一は、「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」のような人気レトロタイトルにプレミアがついてしまったため、「10万円以上に高騰し、ユーザー達は欲しくても購入できない状態」にあること。
次に、依然として「やはり昔のゲームは面白い」という声が多いということ。
そして最後に、旧作の生産がすでに行われておらず、仮に旧作のソフトがあっても「経年劣化によって、一部は読み込み不能や画面がバグするなど色々修理不可能の問題が発生」していること、と述べ、そのうえで再販を決めたと述べた。

オリジナルのSFC版はプレミア化により価格が高騰していて、中古でも定価の何倍もする値段になっています。
新品に関しては、10万円以上の値段を付けているショップさえあります。
価格高騰により欲しい人が手に入らない状態が、今回再販を決めた理由の一つのようです。

他、「昔のゲームが面白い」ということや、「経年劣化による読み込み不能などの問題」もホイ氏は挙げています。

今回の再販版『アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士』の発売日は2017年11月下旬で、希望小売価格は6998円(税込)となります。
3000本限定となるので、欲しい方は早めに予約したほうが良いかもしれません。
※掲載している価格等の情報は2017年9月29日時点のものです。

PV

予約先

数量限定のため、すでに予約が終了しているところもあるようです。
今後の販売予定などは、コロンバスサークルの公式Twitterを参考にしてみてください。

▼Amazon
(SFC/SFC互換機用) アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士
▼ゲームショップ1983
11/30発売 3000本限定発売 アイアンコマンドー 1983限定セット SFC用