スイッチの武器となるか。 『モーションIRカメラ』と『HD振動』の魅力を解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1月13日のNintendo Switch プレゼンテーション 2017で情報公開された『モーションIRカメラ』『HD振動』
Joy-Conに導入された、スイッチの新機能です。

今回は、この2つの機能をより詳しく説明したいと思います。
この2つは、スイッチの目玉機能になるかもしれません。

スポンサーリンク

モーションIRカメラ

『ニンテンドースイッチ』には、グー・チョキ・パーなどの手の形や、動きを読み取ったり、かざした手の距離を測ったりできる「モーションIRカメラ」が内蔵されています。


IR(InfraRed)は赤外線という意味。
つまり、日本語にすると『モーション赤外線カメラ』となると思います。

タッチ操作のように、指で物やキャラクターを操作するようなこともできるかもしれません。
Wiiリモコンのような直感的な操作を生み出してくれる機能だと思います。

「1-2-Switch」には、カメラを口に向けてサンドイッチを食べる大食いコンテストというゲームが収録されています。
Joy-Conに導入されたカメラが口の動きまで認識してくれます。

HD振動

これまでのゲーム機にはない、よりリアルな繊細な振動で臨場感を体験できる「HD振動」にも対応してます。
コップに氷が入れられたり、コップに水が注がれる感触もHD振動を通して伝わります。
Joy-Conを通じて、これまでにない臨場感を体験可能です。



「1-2-Switch」には、箱に入っているボールの数を振動で当てるカウントボールというミニゲームも収録されています。
繊細な振動が手に伝わるからこそ、こういったゲームがスイッチで実現できるのでしょう。

週刊ファミ通の元編集長・浜村弘一さんも『HD振動』に興味を示しています。

これが「1-2-Switch」に収録されている牛の乳しぼりをするゲーム。
HD振動の効果で、実際に乳しぼりしているような感覚を体験できるそうです。


クリエイターも注目の機能

閃乱カグラの高木謙一郎さんも、『モーションIRカメラ』と『HD振動』に興味を示しています。
『NintendoみまもりSwitch』に閃乱カグラ・高木Pも関心。 あの面白い機能発言についても考察

ファミ通のクリエイターインタビューでは、やはり『モーションIRカメラ』と『HD振動』に興味をしめしている方が多かったです。
Nintendo Switch プレゼンテーション会場でクリエイターに直撃! Part.1
Nintendo Switch プレゼンテーション会場でクリエイターに直撃! Part.2
Nintendo Switch プレゼンテーション会場でクリエイターに直撃! Part.3

現時点ではプレイヤーよりも、クリエイターのほうが興味を示している方が多いようです。

今後期待すること

ギャルゲーなら女の子と手を繋いだりするような感触も体験できそうです。
HD振動はリアルが感触が分かるそうですし、コントローラーから女の子の手の感触が伝わるようなこともできるはずです。
絶対にギャルゲーとの相性はいいと思います。

任天堂のライバルであるソニーはPS4でPSVRを発売してます。
PSVR対応のギャルゲーが増えてきてますが、スイッチがそんなPSVRのライバルになりえるかもしれません。

ホラーゲームなら、まさにHD振動がうってつけでしょう。
これまでにないホラーの臨場感を生み出してくれるはずです。
バイオハザードとか、零シリーズとかをHD振動に対応してもらって遊んでみたいです。

ホラーゲームも、ソニーのPSVRとは相性が良いんですよね。
そんなVRの牙城を 『モーションIRカメラ』と『HD振動』が崩せるかが注目ポイントだと思います。

『モーションIRカメラ』『HD振動』については、今はまだ期待してない方が多いようですが、ソフト次第で一気に注目が集まることもありそうです。
この機能を最大限に活用したゲームが出てきて欲しいです。

『モーションIRカメラ』『HD振動』は実際に体験してみないと分からないものなので、スイッチの体験会を増やしていってもらいたいですね。

Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
© Nintendo

スポンサーリンク