【03:00更新】Switch向けのインディータイトルが「Indie World Showcase 4.14.2021」で大量発表!

スポンサーリンク


Nintendo of Americaが、Nintendo Switch向けのインディーズゲームを紹介する番組「Indie World Showcase 4.14.2021」を4月14日(現地時間)に放送しました。

ここでSwitch向けインディーズゲームが大量発表されています。
紹介されたタイトルをここで簡単に紹介します。

※掲載しているリリース情報は海外向けのものです。
※この記事は簡易版です。タイトル説明は適当です。機械翻訳を使っているのでうまく翻訳できてない部分もあるかも。機械翻訳そのまま、誤字とかもあると思いますがご理解ください。ミス等あっても基本直しません。適当なんでこの記事は見なくてもいいです。

※日本では4月15日 午前10時頃から「Indie World 2021.4.15」が放送されるので、日本の方はそれを見れば十分。

Road 96

本作は、素晴らしいビジュアルスタイル、90年代のヒット曲満載のサウンドトラックなどを備えた、プレイヤーの行動がストーリーを作るアドベンチャーゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

有名なインディークリエイターによる手続き型で生成された狂気のロードトリップで、自由への道で君をヒッチハイクする。

1996年夏、ついにその日が来た!

君は出発する。アドベンチャー。自由。脱出。走る。政府から逃げろ。生き延びろ。

国境への危険なロードトリップで、絶え間なく進化するアドベンチャーの中で君は素晴らしいキャラクターに出会い、彼らの絡み合った物語と秘密を見つける。
しかしすべての道で選択を迫られる。君の決定がアドベンチャー、出会う人々を変え、世界を変えるかもしれない。

独裁主義国家ペットリアには数千の道がある。
どの道を君は選ぶ?

ロード96は狂気に満ちた、美しいロードトリップ。君だけの自由への旅において、エキサイティングな場所や普通ではない人々を発見する。

タランティーノ、コーエン兄弟、ポン・ジュノにインスパイアされた絶え間なく進化する物語駆動型アドベンチャー
受賞歴があるValiant HeartsとMemories Retoldのクリエイターが作成。チームはHP OMEN(オーメン)とのパートナーシップのもと、

行動の瞬間、探検、瞑想的なメランコリー、人々の出会いと奇妙な状況。独裁的支配と抑圧という背景と戦う。

素晴らしいビジュアルスタイル、90年代のヒット曲満載のサウンドトラック、ゲーム内の数千の道が結びつき、プレーヤーは自分だけのユニークなロード96のストーリーを作ることができる。

『Road 96』は、2021年後半にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

Aerial_Knight’s Never Yield

本作は、近未来TOKYO風のデトロイトをサバイブする3Dランナーゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

近未来TOKYO風のデトロイトをサバイブする3Dランナーゲーム。主人公のWallyは、生まれ育った街を大きく揺るがしかねない事実の証拠をつかんだ。デトロイト出身アーティストによる本物のサウンドをフィーチャーしたドープなサントラをバックに、ゲームの世界を走り抜けよう。

■ストーリー
プレイヤーが動かすのは主人公のWally。謎に包まれた彼は、自分から奪われた「何か」を取り戻したところだ。さあ、最高速度で走り抜けて、迫りくる敵から逃げ切れ。真実を暴き、いったい何が起こったのかを白日の下に晒しにいこう。

■ゲームプレイ
Aerial_Knight’s Never Yieldは、古典的なエンドレスランナーゲームを彷彿とさせる、横スクロール型の3Dゲームです。プレイヤーを惹きつけるストーリーで、足を止めるのも忘れてしまうこと間違いなし。走って、ジャンプして、スライドして、「ダッシュ」して、様々なアクロバットのコンボをクールに決めて、待ち受ける障害を切り抜けます。Aerial_Knight’s Never Yieldは、やり込み型を好むプレイヤー向けに開発されていますが、カジュアルにプレイしたい方にも楽しんでいただけるゲームです。

■サウンドトラック
Aerial_Knight’s Never Yieldのサウンドトラックを制作したのは、デトロイト出身のアーティストDanime-Sama。世界中のシンガーの歌声がフィーチャーされています。

■デベロッパーからのメッセージ
このゲームは元々、自分がやりたくて始めた個人的なプロジェクトでした。自分と同世代のゲーマーのため、懐かしいけれど新しい何か、無視されることの多いカルチャーの一面に光を当てることのできる何かを作りたかったのです。ゲームがリリースされたら、楽しんでいただけることを願っています。これからも新鮮で面白いゲームを作っていきますので、ぜひ注目・応援してください。

– Aerial_Knight

『Aerial_Knight’s Never Yield』は、2021年5月19日にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

Last Stop

本作は、秘密の生活、結ばれている絆、そして、いかにありふれた日常の中にマジックがあり得るか、をテーマにしたアドベンチャーゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

秘密の生活、結ばれている絆、そして、いかにありふれた日常の中にマジックがあり得るか、をテーマにしたビデオゲーム。

『Last Stop(終点)』は、現代のロンドンを舞台にした三人称視点のシングルプレイ・アドベンチャーです。

複数の賞を獲得した『Virginia』を開発したインディーデベロッパー、Variable Stateによる『Last Stop』は、プレイできる3人のメインキャラクターが住む、相互に関連した三つのストーリーを語ります。

– ドナは、息苦しい家庭生活と過保護な姉に囲まれ、閉塞感を感じているボーッとした高校生。家を離れているときは、友達のベッキーとビベックと一緒にティーンエイジャーらしいスリルを求めますが、アマチュア探偵ごっこをしているうちに思いがけず誘拐犯となり、望んでいた以上のものを得てしまいます。

– ジョンは、働き過ぎの中年のシングルパパ。借金と、唯一の親であるというプレッシャーに悩まされる彼は、20代で独身の隣人、ジャックの自由で気楽な生活をうらやみます。この二人が知らないうちに、復讐心に燃える赤の他人の企みに巻き込まれてしまう時…呪われた遺物が、彼らの人生を永遠に変えてしまうかも知れません。

『Last Stop』は、数十人の声優による長時間のダイアログをフルボイスでお届けするだけでなく、英国で今もっとも才能が注目されている顔ぶれ、モリー・スミス役にルル・シンプソン、ディラン・ヒューズ役にはカッシアン・アクタールなどが出演しています。

『Last Stop』のオリジナルサウンドトラックは、BAFTA賞を受賞した作曲家、リンドン・ホランドによるもので、プラハ・フィルハーモニー管弦楽団によって演奏されています。

『Last Stop』は、2021年7月にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

Hindsight

『Hindsight』は、2021年後半にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

THE LONGING (ザ・ロンギング)

本作は、アドベンチャーと放置ゲームを組み合わせたゲームです。

以下、ゲームの概要です。

アドベンチャーと放置ゲームという異色のミックス。
孤独の中、地底深くで王の目覚めを待つのがプレイヤーの使命……それも400日間。

ゲームを始めるとすぐに400日のカウントダウンが開始されます。
大地の底でひとりぼっちの存在をどうするかを決めるのはプレイヤー次第。時間はたっぷりあるので、慌てずストレスをためないようにしましょう。
プレイスタイルを自身で選択
ゲームを開始し400日後にまたゲームに戻るだけでも結末を見ることができます。実際ゲームをプレイする必要は全くありません。しかし、プレイヤーがいなければシェイドはさらに寂しがってしまいます。
それなら洞窟を探検して快適な地下生活のためのアイテムを集めてもいいでしょう。ただシェイドを散歩させればいいだけです。歩く速度は遅いですが、時間はたっぷりあるので急ぐ必要はありません。
ニーチェからハーマン・メルヴィルまで、大量の古典文学をゲーム内で読むことができます。またはシェイドにそれらを読んでもらいましょう。何かに没頭させる術を知れば結果として時間の経過が早くなります。(ゲーム内でシェイドが見つける本は現在すべて英語の本になります。)
王の命令を無視して洞窟の外の世界に向かって旅立ちましょう。それは暗闇の中に身を置く長く危険な旅となりますが…

【ゲームの注目ポイント】
• 手描きによる広大な洞窟をゆっくり探索。
• 幻想的雰囲気を醸し出すダンジョン・シンセのサウンドトラック。
• マルチエンディング。
• たくさんの隠された秘密。
• 時間と連動するパズル。
• 孤独だけどキュートな主人公。

『THE LONGING』は、2021年4月14日にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

There Is No Game: Wrong Dimension

本作は、ポイントアンドクリック・コメディーアドベンチャーゲームです。

『There Is No Game: Wrong Dimension』は、2021年4月14日にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

Teenage Mutant Ninja Turtles: Shredder’s Revenge

本作は、ニンジャ・タートルズの新作アクションゲームです。

『Teenage Mutant Ninja Turtles: Shredder’s Revenge』は、2021年後半にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

Cris Tales

「Indie World Showcase 4.14.2021」で、海外発売日が2021年7月20日と発表されました。

GetsuFumaDen: Undying Moon

本作は、『月風魔伝』の名前を受け継いだハックアンドスラッシュローグライクアクションゲームです。

『GetsuFumaDen: Undying Moon』は、2022年にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

Aztech Forgotten Gods

本作は、アクションアドベンチャーゲームです。

『Aztech Forgotten Gods』は、2021年秋にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

Skul: The Hero Slayer

本作は、ローグライクゲームの要素を加味した2Dアクションプラットフォーマーゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

『Skul:The Hero Slayer』は2Dローグライク・アクションプラットフォーマーゲームです。
魔王の城の警備を担当しているちびっ子スケルトン「スカル」は、人間たちに捕まった魔王を救出するために勇者や冒険家、そして帝国軍に一人で立ち向かい始めます。

■背景
いつもそうであったように、今回も人間たちは魔王の城を襲撃しました。普段と違う点があるとすれば、冒険家だけではなく初代勇者と帝国軍まで合流して総攻撃を仕掛け、魔王の城を焦土化させることに成功したという点ですね。
魔王をはじめ、魔王の城の魔族は全員人間たちに捕まり、王座の前には小さなスケルトンの骨だけが残っていました。

■横スクロールプラットフォーマーアクション
『Skul:The Hero Slayer』はプラットフォーマーアクションゲームで、毎回ゲームの構成要素が変化するローグライクゲームとなっています。

■多彩なスカルによるキャラクター交代
スカルは少し特別なスケルトンです。彼は他のスカル(Skull)を着用することで新しい力を手に入れます。スカルごとに固有のコンボとスキルを持ち、その特性がすべて異なるため、あなたのスタイルにぴったり合うスカルを着用して自分だけのアクションをお楽しみください。

■冒険家
冒険家パーティと遭遇したら注意してください。彼らは魔族のあなたを狩り、名声を得ようとする野心に満ちた青年たちです。いっそパーティ加入を勧めてくれたら良かったのですが… 誰が狩られるかは見守る必要があります。

■黒い魔石に侵食された強力なボス
各チャプターの最後には黒い魔石に侵食された強力な敵と遭遇します。黒い魔石は命の苦痛と憎悪から抽出できる不吉な石で、強い魔力を持っていますがこの石を上手く使いこなせる人はほぼいません。

『Skul: The Hero Slayer』は、2021年夏にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

art of rally

「Absolute Drift」のクリエイターが手掛ける、ラリー黄金時代に触発されたスタイリッシュなラリー体験レースゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

ラリー黄金時代のレース。様式化された環境でチャレンジングなステージを、60年代の車からグループBの特徴的な車でドライブしましょう。

「危険なことをスタイリッシュにやってのけるのは、一種の芸術だ」

『art of rally』は、「Absolute Drift」のクリエイターが送る、ラリー黄金時代に触発されたスタイリッシュなラリー体験です。

カラフルでオシャレな街並みや風景を眺めながら、トップダウンで世界中を駆け抜けます。
デイリーイベントやウィークリーイベントに挑み、リーダーボードで一位を競いましょう。
あなたは、art of rallyの世界を走破できますか?

■ラリーの黄金時代
キャリアモードでは、フィンランドからサルデーニャ島、ノルウェー、日本、ドイツまで、総数60ものステージを縦断し、ラリーの黄金時代を追体験します。

■50台以上ものアイコニックなラリーカー
60〜80年代のグループB、グループS、グループAまで、お気に入りのヴィンテージカーを手に入れましょう。

■本格的な操作方法
初心者向けのオプションから熟練ドライバーも苦戦するモードまであり、プレーヤーは誰でも自分の好きな運転テクニックを駆使してレースに挑むことができます。(スカンジナビアンフリック、カウンターステア、左足ブレーキ、サイドターンなど。)

■頂点への競争
デイリーイベントやウィークリーイベントに挑み、リーダーボードにあなたの名前を刻んでください。

■フォトモード
撮影とリプレイがひとつに統合されたフォトモードでは、運転スキルを見せつけたり好きな風景を撮影したりできます。

『art of rally』は、2021年夏にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

KeyWe

本作は、可愛さ満点の協力型パズルゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

KeyWe-キーウィ-は可愛さ満点の協力型パズルで、2羽の小さなキーウィたちがちょっと変わった郵便局で働くおちゃめなゲーム。
自分で飛んで回ってべルやボタンを押したり、レバーを引いたり、様々な地形を乗り越えて時間通りに郵便を届けよう!

早く手紙を届けないと!《KeyWe-キーウィ-》は可愛さ満点の協力型パズルで、ジェフとデブラという名の小さなキーウィたちが、ちょっと変わった郵便局で働くおちゃめなゲーム。彼らはくちばしやお尻を使った「体当たり」でベルやボタンを押したり、レバーを引いて任務をこなし、みんなの大切なメッセージを時間通りに届けないといけません。

郵便配達をするのに周りは危険なことばかり。時に季節や天候の変化も楽しみながら、テレポスト内での色々な部屋を介して仲間と協力し、愛らしいキーウィたちの様々な任務を手助けしましょう。新しいアクセサリーをアンロックして自分だけのキーウィにカスタマイズし、バンガロー地方で一番イケてる鳥を目指しましょう!

●郵便局での大騒ぎ – 新入社員キーウィの役割を引き受け、相棒と一緒に電報や緊急メッセージを送信したり、荷物と手紙を届けよう!

●かわいくてカオスな協力プレイ – ソファーで横並びでプレイするもよし、オンラインでにぎやかにプレイするのもよし!

●可愛さ満点のシングルプレイモード – 1つのコントローラーで、キーウィ達を操作しながら、ソロの郵便サービスの冒険を始めよう!

●危険な郵便環境 – 郵便局のデスクと配送室を行ったり来たり、郵便サービスのマスターになろう!

●季節ごとの険しさ – 冬の悪天候や秋の雷雨など、配達中の険しさを乗り越えてこそプロの郵便局員。

●カスタマイズ可能なキーウィ – 自由自在にキーウィの羽の色を変えて、アクセサリーをアンロック。小さな帽子でキーウィは更にかわいく見えるよ!

『KeyWe』は、2021年8月にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

Labyrinth City: Pierre the Maze Detective

本作は、世界中的大ヒットの迷路絵本『迷路探偵ピエール』のゲーム化した、ユニークな手書き風イラストが特徴のパズルゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

パズルゲーム『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』は世界中的大ヒットの迷路絵本『迷路探偵ピエール』のゲーム化作品です。プレイヤーはゲームの中で名探偵ピエールとなり、盗まれた秘宝「迷路ストーン」を取り返すために、迷路のように入り組んだ街のさまざまな場所をめぐります。

indiePlay2020「Best Overseas Games」とIndieCade2020「Visual Desing」をダブル受賞した大ヒット作!Homo Machina (2018) と Californium (2016)のプロデューサーが届く、その最高なパズル体験はビデオゲームで再登場!

『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』の世界では、プレイヤーは名探偵ピエールとなり、魔法の宝石を取り返す旅に出ます。その旅で面白い人や物にたくさん出会い、その人達と交流したり、物を触ったりするこで、紙上では得られないユニークなゲームプレイを楽しめます。IC4Designによって作られたファンタスチックな『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』の世界をぜひご堪能ください!

【ストーリー】
大変です!博物館に珍蔵されている「迷路ストーン」は怪盗Xに盗まれました!盗まれた秘宝を取り返すために、名探偵ピエールは複雑な迷路を抜け、あらゆる困難を乗り越えなければいけません。でも、あのピエールなら、きっと大丈夫でしょう!

【ゲームプレイ】
パズルゲーム『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』は世界中的大ヒットの迷路絵本『迷路探偵ピエール』のゲーム化作品です。本ゲームでは、プレイヤーはユニークな画風に描かれた何枚ものマップの迷路を抜け、怪盗Xの居場所に行きます。その旅で出会った人たちと会話することで、本作のサブストーリーまで楽しむことができます。また、マップ上に隠されているアイテムを収集すると、意外な収穫が待ってるかもしれません!

【ゲームの特徴】
■パズルゲーム『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』はIC4DESIGN Studioによって制作された大ヒット迷路絵本『迷路探偵ピエール』のゲーム化作品です。ユニークな手書き風イラストを楽しみながら、ものすごく細かく描かれたこの迷路の世界を満喫しましょう!
■100個以上のミニパズルゲームと収集可能アイテム。
■500個以上の会話・操作コンテンツ。
■バラエティーに富んだマップと様々なプレイ要素。
■オリジナルサウンドトラックとマップの相性もバッチリ!
■様々な情報が錯綜している中で、色々なアイテムを収集しながら怪盗の居場所を見つけ、博物館の秘宝を取り返しましょう!
■対応言語:日本語、英語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語 – スペイン、イタリア語、韓国語

【Darjeelingについて】
Darjeelingは2009年、Marc LustigmanとNoam Roubahによって設立されたフランスのマルチメディアスタジオで、ドキュメンタリー映画、TVアニメーションとビデオゲームの制作に関わる業務を行っているスタジオです。2016年に開発したゲーム『Californium』が初めて成功し、2018年にゲーム『Homo Machina』でGame Connection Americaの「Best mobile/tablets」と「Ping」をダブル受賞しました。
【IC4DESIGN Studio(『迷路探偵ピエール』の制作会社)について】
『迷路探偵ピエール』シリーズの制作会社IC4DESIGN Studioは1998年3月、カミガキヒロフミに設立された広島にあるデザインとイラストレーションの会社です。IC4DESIGN Studioはユニークなアートスタイルで精密な世界やシーンとカラフルな視覚効果を融合し、制作した作品でカンヌ・ライオンズのブロンズ賞(2017)、D&AD賞(2017)などを受賞しました。

『Labyrinth City: Pierre the Maze Detective』は、2021年春にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

Weaving Tides

本作は、カーペットのドラゴンに乗って冒険を繰り広げる、パズルアドベンチャーゲームです。

『Weaving Tides』は、2021年5月にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

THE HOUSE OF THE DEAD: Remake

本作は、1997年にアーケードプラットフォームで導入されたゾンビゲーム『THE HOUSE OF THE DEAD』をリメイクしたタイトルです。

『THE HOUSE OF THE DEAD: Remake』は、2021年後半にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

ENDER LILIES: Quietus of the Knights

本作は、死の雨によって滅びた王国「果ての国」を舞台に、一瞬の気の緩みが命取りになるような強敵との戦闘を繰り広げていく横スクロールアクションRPGです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

「死の雨」によって滅びた王国「果ての国」を舞台に、少女リリィと不死の騎士達の物語が始まります。悲劇的で美しい世界を探索しながら、一瞬の気の緩みが命取りになるような強敵との戦闘を繰り広げる横スクロールアクションRPGです。仲間たちと共に世界の真相へ辿り着いて下さい。

<物語>
昔々、彼方の「果ての国」にて。突如降り始めた「死の雨」は、
生きとし生けるものを狂暴な生きる屍へと変貌させた。
人智を超えた悲劇に成す術もなく、王国は滅びた。
呪いであるかのように、止まない雨。
滅び果てた世界の、ある教会の奥深くで
少女「リリィ」は目覚める。

<体験>
『ENDER LILIES』は「死の雨」により滅びた王国の謎を解き明かす、ダークファンタジーの2DアクションRPGです。舞台となる「果ての国」は、荘厳な王城、水没した深森、地下の禁じられた汚染領域など、悲劇的で美しい世界が広がっています。
悲哀に満ちた旅の先々では、恐るべき強敵が待ち受けています。 戦いに勝利し不死の呪縛から解放する事で、彼らはリリィの助けとなってくれます。 苦難を乗り越え、騎士達と共に物語の真相へ辿り着いてください。

<ゲームの特徴>
■探索の没入感・攻略性の高いマップが、広大な範囲に渡って広がっており、どこまでも歩いて探索できます。
・新たに発見する謎と解明が連鎖的に発生し、次々に探索を進めてしまう中毒性があります。
・どこから探索しどの強敵から戦うかはあなた次第です。

■バトルの緊張感と達成感
・一瞬の気の緩みが死へと繋がる、緊張感のある戦闘を楽しむことができます。
・回避やダッシュ、攻撃を駆使して勝利を目指しましょう。
・旅の途中で出会う、様々な穢者を倒しスキル(剣や弓、魔法など26種類)を獲得しましょう。
・スキルを使い分け、自分の得意なプレイスタイルで戦いに挑むことができます。
・レリックを装備してパラメータをカスタマイズ、プレイスタイルに応じた育成をしましょう。
・何度も諦めずに挑むことで、少しずつ解法に近づき、クリア時には大きな達成感を得る事ができます。

■絶望の中から美しさを感じる世界観
・無垢な少女と、不死の騎士という対照的な主人公達
・美しい2Dアートとアニメーション、サウンドで描かれた幻想的な世界
・過酷な環境に晒された少女の冒険は、かつて仲間だった者との出会いと戦いが待っています。貴方の選択で物語の結末が左右されます。

<音楽>
音楽はTVアニメ「ゴブリンスレイヤー」のOPテーマ”Rightfully”などで知られる音楽集団「Mili」が全楽曲を担当しています。美しく幻想的な音楽で彩られたENDER LILIESの世界観を堪能してください。

『ENDER LILIES: Quietus of the Knights』は、2021年6月22日にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

Beasts of Maravilla Island (マラビラ島の動物たち)

本作は、「マラビラ島」に住む数々の魔法動物たちを野生動物写真家である主人公が写真を撮りながら観察していく、神秘的な3Dアドベンチャーゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

「マラビラ島の動物たち」(Beasts of Maravilla Island) は「マラビラ島」に住む数々の魔法動物たちを野生動物写真家である主人公が写真を撮りながら観察する3Dアドベンチャーゲームです。
野生でのありのままの姿の写真を撮ったり、習性などを調査したりしてマラビラ島の隠された数多くの動物や謎を探し出そう!

マラビラ島を守る魔法の結界が弱まっている。人々が「魔法」というものを信じるようになれば、その信じる力で結界も再び強化される。野生動物写真家の「マリナ・モンテズ」として、祖父のカメラと日記を頼りにしながら島の魔法や動物たちをカメラに収めよう。島を探検し、動物たちや植物の手を借り、島中にあるパズルを解いてより多くの動物たちを見つけ出そう!

動物たちもそれぞれ個性があり、触れ合うことでそれを引き出すことができる。ワニラッコと遊んだり、恋に悩むサルの相談に乗ったり等、個性豊かなマラビラ島の魔法動物たちと仲良くなろう!

マラビラ島に存在する魔法の世界をカメラに収めよう!

【主な見どころ】
■50種類以上の魔法動物たち。様々な大きさである彼らと触れ合って写真を撮ろう!
■3つの生態ゾーンを探検して、各ゾーンでしか目撃できないユニークな動物たちを探そう。
■マラビラ島の美しい風景を自分の好きな風に撮影できる。
■島の動物たちや植物の手を借りて、島中にあるパズルを解いてみよう!

『Beasts of Maravilla Island』は、2021年6月にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

FEZ

本作は、謎解きを重視したパズルアクションゲームです。

『FEZ』は、2021年4月14日にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

OlliOlli World

本作は、スケートボーディングアクションプラットフォーマーゲームです。

『OlliOlli World』は、2021年冬にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。

OXENFREE II: Lost Signals

本作は、『OXENFREE』から5年後を描いた、物語主導のアドベンチャーゲームです。

『OXENFREE II: Lost Signals』は、2021年にNintendo Switch向けとしてリリースされる予定です。