【更新】『Coffee Talk 』のSwitch版が2019年秋に発売決定!お客にコーヒーを提供して心のこもった会話をするシミュレーターゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「BitSummit 7 Spirits」の公式サイトで明らかになっていた『Coffee Talk (コーヒートーク)』のNintendo Switch版が、2019年秋に発売されることが本日放送された任天堂によるインディーゲームを紹介する番組「Indie World 2019.5.31」で正式発表されました。

Switch版以外にWindows,Mac版、およびPS4&Xbox One版もあります。

本作は、インドネシアのデベロッパーToge Productionsによって開発されている、バーテンダーADV『VA-11 Hall-A』を彷彿とさせるシミュレーターゲームです。

ゲームの目的は、お客にコーヒーを提供して悩みを聞いたりしながら心のこもった会話を楽しむこと。
セリフの選択ではなく、提供する飲み物でストーリーは分岐していきます。

お客にはエルフ・サキュバス・宇宙人など、ただの人とは違うキャラクターもいます。
ストーリーに入り込めば、彼らの世界に大いに共鳴するでしょう。

ファミ通によると、先月の段階で開発状況は50%とのことでした。

<更新>
ファミ通.comで開発者インタビューが公開されました。
『Coffee Talk』のクリエイターを直撃! マンガ『バーテンダー』やドラマ『深夜食堂』からの影響も大きかった

以下、本作の概要です。

概要

CoffeeTalkは、コーヒーと共にお客と心のこもった会話をするシミュレーターゲームです。
ファンタジーの世界の住人のような現代人達の悩みを聞き、彼らの心を安らげる暖かい飲み物を提供しましょう。
__________________________________

CoffeeTalkは、人々の悩みを聞きながら、手持ちの材料を用いてその人達の心を癒す暖かい飲み物を提供するゲームです。このゲームが描く人々の生活の中には、ただの人とは違うキャラクターもいます。 エルフとサキュバスのドラマチックなラブストーリーから、人間を理解しよう試みる宇宙人、他にも多様な別世界のシアトルの住人達の物語に入り込めば、現代の読者達は彼らの世界に大いに共鳴するでしょう。

ゲームの特徴
‐ エルフ、オーク、マーメイドや多くのファンタジーの世界の種族が人間と共に暮らす近代都市。親しみを感じるであろう別世界のシアトルに住む住人達の物語。
‐ セリフの選択ではなく、提供する飲み物で物語は分岐していく。
‐ 90年代のアニメにインスパイアされたピクセルアートと、心を落ち着かせるカラーパレットが導くゲームへの没入感。
‐ 真夜中の温かい飲み物と会話に合うジャズとローファイ・ミュージック。
– プレイヤーに考えさせ、感じさせる。そしてその心と体を癒すゲーム体験。

『Coffee Talk』は、2019年6月1日~2日にかけて京都市勧業館みやこめっせにて開催されるインディーゲームの祭典「BitSummit 7 Spirits」に展示される予定です。

スポンサーリンク