Switch版『星のカービィ Wii デラックス』が2023年2月24日に発売決定!

スポンサーリンク


任天堂が、Nintendo Switch版『星のカービィ Wii デラックス』を2023年2月24日に発売することを発表しました。
販売価格はダウンロード版が6,500円(税込)で、パッケージ版が6,578円(税込)に設定されています。

本作は、2011年10月27日にWii向けとして発売された『星のカービィ Wii』のSwitch移植作です。
Switch版は新コピー能力やサブゲームが追加されるなど、ただの移植ではなくパワーアップしているとのこと。

【ニンテンドートピックス】
https://topics.nintendo.co.jp/article/0daf9e77-6c15-4d9c-a20c-04015ccdc649

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

『星のカービィ Wii』がデラックスになってNintendo Switchに登場

2011年に発売された『星のカービィ Wii』がNintendo Switchで蘇る。新しくなったグラフィックで、カービィや仲間たちと最大4人で冒険が楽しめます。

▼カービィの多彩なコピー能力
「ソード」や「ウィップ」などのおなじみのコピー能力に加えて、特殊な敵をすいこむと発動する強力な「スーパー能力」も使いながら、ステージを進んでいきます。さらに、新たなコピー能力「アーマー」が登場。ロボットの姿で空を飛び、遠距離からのキャノンや近距離でのパンチで、攻撃ができます。

▼みんなで冒険
Joy-Conをおすそわけすれば、すべてのステージで最大4人の協力プレイが可能。いつでも参加や離脱ができるので、家族や友達と気軽に冒険が楽しめます。キャラクターはカービィ、メタナイト、デデデ大王、バンダナワドルディから選択でき、4人ともカービィで、それぞれ好きなコピー能力を使うこともできます。

▼サブゲームも盛りだくさん
新しいサブゲーム「みつけて!マホロア図書館」が登場。さらに、「一撃!手裏剣道場」や「刹那の見斬り」など、歴代のサブゲームからもピックアップして収録。サブゲームもすべて、最大4人で楽しめます。

©HAL Laboratory, Inc. / Nintendo