Switch版『Hell Warders』のアジア パッケージ版が2019年6月27日に発売決定!タワーディフェンスアクションRPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『Hell Warders』のアジア パッケージ版が、2019年6月27日に発売されることが決定しました。
予想価格は24.99ドル – 29.99ドルです。

Nintendo Soupによると、英語・韓国語・中国語以外に日本語もサポートしているとのことです。
ヨーロッパのeショップXbox One版Steam版でも日本語対応が確認できることから、いつか国内のeショップにも登場することになるかもしれません。
(4月23日時点では日本のeショップでは配信されていません。)

下記にSwitch版のボックスアートがあります。

本作は、香港に拠点を置くインディーデベロッパーAnti Gravity Game Studiosによって開発された、地獄が舞台のタワーディフェンスアクションRPGです
タワーディフェンスを中心とした要素を兼ね備えたシステムと、息を呑むような美しいグラフィックを特徴にしています。

<主な特徴>
■4人協力プレイ
最大4人のプレイヤーの軍隊を結集させ、悪の軍団と戦おう!Hell Warders は友人との協力プレイおよびオンラインマッチメイキングに対応しています。
■クラスに基づく英雄たち
さまざまな英雄から選択 – それぞれ独自の武器、スキル、能力が使えます。
■アップグレード可能な武器
ステージをクリアするとビーコンが手に入り、それを使ってスキルをアップグレードして、強力なアーティファクトをアンロックします。こうして一筋縄ではいかない悪魔たちとの戦いに備えます。
■壮大な遭遇
凶暴なモンスターとの壮絶な戦い。小集団や大集団から壮大かつ非凡なものまで。あなたの前に立ちはだかる地獄の住人たち!

情報源:Nintendo Soup

スポンサーリンク