牧場物語シリーズの流れを汲む『Harvest Moon: Light of Hope』がNintendo Switchで発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牧場物語シリーズの流れを汲む『Harvest Moon: Light of Hope』がNintendo Switchで発売されることが分かりました。

北米向けに販売を担当しているパブリッシャーNatsumeと、Rising Star Gamesが発表しています。
機種はPS4とPC(Steam)、そしてNintendo Switchになります。

6月に開催されるE3 2017のNatsumeブースに、本作のPC&Switch版が出展されるとのこと。

「Harvest Moon: Light of Hopeでは、プレイヤーは新鮮なスタートと新しい環境を求めてゲームを始めます。彼らの航海中、彼らの船はモンスーンに襲われ、下ります。彼らは小さな港町に漂っているので、今や暴風雨の騒動の中で、街を再建して灯台を救うのはプレーヤーに任されますが、それは簡単ではありません!それにもかかわらず、作物の栽培、家畜の持ち込み、修理のための資料の収集などの労力をかけて、新しい友人を作り、家族を始め、灯台を復活させ、町を救うことができるでしょう!」

海外ではこれまで牧場物語シリーズが「Harvest Moon」というシリーズ名で発売されてきました。

しかし『はじまりの大地』以降は、「Story of Seasons」というタイトルにシリーズ名を変更しています。

今回発売されるものは「Harvest Moon: Light of Hope」となり、昔のシリーズ名に名前を戻したことになります。
どうやら、直接的に牧場物語と関係があるわけではないようです。
牧場物語の流れを汲む新作というイメージで良いと思います。

スクリーンショットなどはまだ公開されていないのでどのようなゲームになるかは詳しくは不明ですが、スーパーファミコン時代のような懐かしさを感じられるものになっているとのことです。

海外発表タイトルのため、日本での発売については不明です。
スクリーンショット一枚も公開されてないのでなんともいえませんが、牧場物語は日本で生まれたタイトルなので、ぜひ日本でも発売してもらいたいですね。

なお、海外では『Puzzle de Harvest Moon』、『Harvest Moon: Frantic Farming』といった日本未発売の牧場物語関連タイトルも存在します。
そういったこともあり、必ず日本版が出るとは限らないと思います。
E3に出展されるとのことなので、続報を期待して待ちましょう。

スポンサーリンク