Nintendo Switch版『白衣性愛情依存症』が5月24日より配信開始!PSVitaで発売されたアドベンチャーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『白衣性愛情依存症』が、2018年5月24日より配信開始となりました。
販売価格は4,800円(税込)ですが、6月7日 23時59分までは50%オフとなる2,400円(税込)で購入可能です。
※ダウンロード専用のみの販売となります。

本作は、工画堂スタジオから2015年4月30日に発売されたPSVita向けの恋愛アドベンチャーゲームです。
2015年12月25日にはPC版も発売されていて、2016年7月8日にはSteam向けとしても配信されました。

白衣性愛情依存症 - PS Vita
㈱工画堂スタジオ (2015-04-30)
売り上げランキング: 15,671

ちなみに、今作が工画堂スタジオのSwitch参入 第一弾タイトルとなります。

以下、任天堂配信ページより本作の概要です。

キラ☆ふわ看護学生アドベンチャーゲーム!

『白衣性愛情依存症』は、工画堂スタジオ、しまりすさんちーむがお届けする、キラ☆ふわ看護学生アドベンチャーゲームです。
小さい頃の夢を思い出し、看護学校に入ったばかりの看護師のたまご、大人になりきれていない、でも、大人の女性として扱われてしまう女の子が、学園生活や恋を通じて少女の殻を破り、一人の女性に成長していく物語を描きます。

舞台となるのは、帝都東京にある桜の綺麗な丘のある街「聖蹟百合ヶ丘」。
看護師の登竜門「帝都看護専門学校」に入学した主人公”大幸あすか”は、よく出来た妹や優秀な同級生、そして、厳しくも優しい先生に囲まれ、頑張っています。
高校の時よりもずっと大変な、詰め込み授業に挫けそうになったり、実習先の患者さんの、優しい言葉に励まされたり。
多くの経験を通じて成長する“あすか”。
そこで描かれるのは、学生同士ならではの青々しさ、そして二組のカップルが折りなす人間模様です。
学生なら本来許されるはずの失敗も、命を扱う医療現場では、絶対に許されないという矛盾。
人として当然もっている、思いやりの気持ちや優しさを否定するような、看護師に求められる資質。
多くの患者と向かい合い、自分の心と向かい合い、葛藤を続ける少女たち。

そんな物語を紡ぐのは、GL描写に定評のある“向坂氷緒”。
ガラス細工のように傷つきやすく、そして美しい女の子同士の友情を。やわらかな春の木漏れ日のような優しさと暖かさで包まれた世界を、清流のような言葉で演出します。
そして、個性的なヒロインたちをデザインするのは、幻想的なタッチで多くのファンを魅了する“早瀬あきら”。
学生と社会人、少女と大人——そのどちらでもあり、どちらでもない女の子たち。そんな彼女たちの魅力を余すところなく表現し、そのピュアで夢想的な空気感を、独特の、細やかな筆遣いで描ききります。

白衣の天使に憧れる、天使のたまごたちの理想と現実、そしてキラ☆ふわキャンパスライフを、貴方の心にお届けします。

紹介映像

スポンサーリンク