Switch版『箱庭シティ鉄道』が2021年2月4日に配信決定!カイロソフトによる鉄道会社の駅経営シミュレーションゲーム

スポンサーリンク


カイロソフトが、Nintendo Switch版『箱庭シティ鉄道』を2021年2月4日から配信開始することをアナウンスしました。
販売価格は1,500円(税込)に設定されています。

本作は、『ゲーム発展国++』『ゆけむり温泉郷』『冒険ダンジョン村』『財閥タウンズV』『開店デパート日記』『テニスクラブ物語』などのカイロソフトによって開発された、鉄道会社の駅経営シミュレーションゲームです。
もともとはアプリ向けとして配信されていたタイトルですが、Switchにも対応ということになりました。

<概要>
鉄道会社の駅経営シミュレーションゲーム
設備を自由に配置して、お気に入りの列車を呼び込もう。

定番の自販機、ベンチ、案内板を設置すれば利便性が増し、コンビニ、お寿司、おそば屋などのお店があれば人気アップだ。

車両を連結させれば、ビジネス専用車両や観光列車も作れるぞ。
周辺地域を開発すれば新しいお客さんが増える。

通勤客や学生さんのあふれかえる、キミだけの巨大駅ビルが本日出発進行だ!

<公式サイト>
https://kairosoft.net/game/appli/densha.html

<配信ページ>
https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000024812.html

<紹介映像>

©KAIROSOFT CO.,LTD. All Rights Reserved.