Switch版『Great Conqueror: Rome』が国内向けとして2020年12月24日に配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Great Conqueror: Rome (大征服者:ローマ)』が、国内向けとして2020年12月24日に配信されることが決定しました。
販売価格は1,000円(税込)に設定されています。

本作は、EasyTechによって開発された、ターン制ストラテジーゲームです。
シナリオモード・征服モード・遠征モードといった3つのゲームモードがあり、長くやりこむことができます。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

『大征服者:ローマ』はEasyTechが開発したターン制ストラテジーゲームです。

ゲームの舞台となるのは、ローマ共和国が台頭し始め、周辺の強大な国々が互いに覇権を争っていた一触即発の時代です。プレイヤーは指揮官としてカエサル、ポンペイウス、アントニウス、オクタウィウス、スパルタクスといった偉大な将軍たちと手を組んで戦いながら、共に大征服者誕生の瞬間に立ち会います。

『大征服者:ローマ』には3つのゲームモードがあります。

シナリオモードでは、プレイヤー自身がゲームの世界に身を置き、かつてローマで実際に繰り広げられた幾百もの戦いの中を駆け抜けながら、いかにしてヨーロッパ・アジア・アフリカを跨ぐ偉大な帝国となっていったのか、その変遷を一つ一つ目撃し、台頭期と輝ける黄金時代を体験することができます。都市開発や兵士の募集、機械の製造や海上艦隊の組織を思いのままに操ることができるほか、サブストーリーを選択、周辺の民族や部落を指揮して強大なローマ軍に対抗するなどして、征服される運命を変えることもできます。

征服モードでは、ローマが覇権を握るのか、あるいは新たな帝国に取って代わられるのか、あなたの腕が試されることになります。スタート時、様々な国の中から好きなものを選び、様々な国と同盟を結んで協力し合いながら他国の侵入を防いでください。国益に最も合致した外交政策や領土の拡大を目指すことで、彼らの未来を変え、強大な国へと導くことができます。

そして遠征モードでは、プレイヤーに全くの新しい挑戦が用意されています。軍を率いて遠征し、随時戦略や戦術を調整しながら異民族の強大な軍隊に勝利しましょう。最終的に勝利を収めると、素晴らしい戦利品を入手し、征服者の軍装をその身に纏うことができます。

©EasyTech
©CIRCLE Ent.