Switch用ソフト『GOKEN』の配信日が2019年3月28日に決定!PCで人気のクォータービュー視点によるアクションRPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『GOKEN』の配信日が、2019年3月28日に決定したことが株式会社GIANTYからアナウンスされました。
販売価格は980円(税込)です。

本作は、日本の開発スタジオGIANTYによって開発され、2017年7月にPC(Steam)向けとしてリリースされたクォータービュー視点によるアクションRPGです。
子供の頃のプレイ体験を、爽快なアクションバトルとシームレスなオープンワールドで再現し、昔ながらのゲーマーに懐かしさと新しい体験をしてもらえることを目指して制作されています。

以下、本作の概要です。

GIANTY、Steamで好評配信中のアクションJRPG「GOKEN」を 初の家庭用ゲーム機向けタイトルとしてNintendo Switch版リリース!

ゲームの開発からデザインまでを一括に請け負う株式会社GIANTY(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ホー・トゥン・ラム、以下GIANTY)は、2019年3月7日、PCゲームプラットフォーム「Steam」にて好評配信中の『GOKEN』(以下本作)について、Nintendo Switch版を2019年3月28日にリリースすることを発表いたしました。

“アクションRPG”。
それは世界のゲーマーが子供の頃に大冒険を体験したゲームジャンルの代名詞の1つ。
『GOKEN』はかつてのプレイ体験を爽快なアクションプレイとシームレスなオープンワールドで再現し、昔ながらのゲーマーに懐かしさと新しい体験をしていただけるゲームです。

本作は2017年7月にPCゲームプラットフォーム「Steam」にてリリースされ、2018年2月には「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」へリリースされました。
今回Nintendo Switch版のリリースにより、これまでPCでしか遊べなかった『GOKEN』が家庭用ゲーム機でプレイしていただけるようになり、より多くの皆様に『GOKEN』の世界をお楽しみいただけるようになりました。
また、本作は当社としては初の家庭用ゲーム機向けタイトルとなります。

■「GOKEN」とは
● コンセプト
あの頃、僕たちが遊んだRPGをもう一度…

●ゲームシステム
(1)ジャパニーズアクションRPG
日本が世界に誇るゲームジャンル「アクションRPG」簡単操作で「爽快に・そして奥深く」楽しめるゲーム性を実現!

(2)クォータービュー
あの頃、みんなが遊んだ「クォータービュー」をGOKENで採用。
ゲーム画面を斜め上から見下ろす、昔ながらのゲーム性を再現!

(3)シームレスなゲームメカ二クス
マップ遷移やイベントシーン、またバトルなど、現在の開発技術で成しえる、限りなくシームレスに遊べるゲーム性を実現!

●ゲームクオリティ
(1)10時間以上遊べるゲームボリューム
メインストーリーだけで、プレイ時間約10時間を超えるボリューム。
いつまでも楽しめるエンドレスコンテンツの「コロシアム」、隠しダンジョン等、メインストーリーをクリアしてもやり込み要素満載の大ボリュームのゲーム内容。

(2)2Dアートで描かれた美しいMAP
フィールド・ダンジョンは、すべて1つ1つのオブジェクトを2Dで丁寧に描画。
多種多様な地形を、エフェクトをふんだんに取り入れ、細部までこだわり制作。

(3)戦略・カスタマイズ要素豊富なアクションRPG
5つの武器を駆使してリアルタイムで自由に繰り出せる爽快バトルアクション。
自分のプレイスタイルを余すことなく反映できる、キャラクター成長システム(タトゥーシステム)を搭載。

※画面は開発中のものです

<公式サイト>
https://www.gianty.co.jp/goken/

<紹介映像>
下記にPC版の紹介映像があるので、興味のある方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク