Switch版『Goat Simulator: The GOATY』が2019年3月に国内配信決定!ヤギになれる次世代のシミュレーターゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Goat Simulator: The GOATY』が、2019年3月に配信されることが本日放送された「Nintendo Direct 2019.2.14」で発表されました。
販売価格は未定です。

本作は、スウェーデンのデベロッパーCoffee Stain Studiosによって開発された、次世代のヤギシミュレーターゲームです。
プレイヤーはヤギとして、オープンワールド風の世界を駆け巡っていくことになります。

以下、本作の紹介映像と概要です。

Goat Simulator(ゴートシミュレーター)は次世代のヤギシミュレーションを提供する最新のヤギシミュレーション技術です。
もはや、ヤギになる空想をする必要がありません。
あなたの夢がついに実現しました!

●あなたがヤギになることができます。
●カズカズノクエストヲクリア、ナンドモレベルアップヲクリカエセ。センシ、ルージュ、ハンター、マジシャン、デンシレンジ、5シュルイノクラスデアソビツクソウ
●スペシャルな能力を持つ山ほどの新ヤギがアンロック可能に!
●ゾンビが出てきてしまいます。だってゾンビなしではゾンビな世紀末の演出はできませんから。
●クルーたちを操作して、カジノ、ゴート・ギャンブリングで金を叩きつけてつかんで全部吹きとばせ!
●宇宙コロニーをクラウドファンディングで建造。他人に金を払わせて、他人にすべての仕事を押し付けろ!
●最高にゴミな新規アイテムをアンロックしよう。しょうがないだろ、コイツは例のGoat Simulatorなんだから
※概要はXbox One版より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク