Switch版『グノーシア』が2020年4月30日に配信決定!SF世界を舞台にした人狼系ゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『グノーシア』が、2020年4月30日に配信されることが本日放送された「Nintendo Direct mini 2020.3.26」で発表されました。
販売価格は2,750円(税込)に設定されています。

本作は、ゲーム製作サークル「プチデポット」によって開発されPSVita向けとして2019年6月20日にリリースされた、SF世界を舞台にした人狼系ゲームです。
プレイヤーは宇宙船の乗員の一人として、議論と投票を通じて、生き残りつつ勝利を目指すことになります。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要と関連動画です。
より多くの詳細は、公式サイト (Switch版の公式サイトはこちら)やニンテンドートピックスをチェックしてみてください。

人間のふりをして近づき、だまし、人間達を消し去っていく――
SF世界を舞台に、いわゆる人狼系ゲームを1人で何度でも遊ぶことができます。

宇宙船の乗員の1人となり、議論と投票を通じて、生き残りつつ勝利を目指して下さい。
1プレイは15分程度。人数や主人公の役割などを自由に選んで遊ぶことができます。人狼系のゲームを知らない方でも、段階的にルールを理解できますので、ご安心を!

プレイ中に発生するイベントを追い、14人の登場人物達を深く知っていくことで、物語は進んでいきます。
このループする宇宙の謎を、ぜひ解き明かして下さい。

それでは皆様、良い旅を!から本作の概要です。

<Switch版 紹介映像>

<PS Vita版 紹介映像>

©2020 Petit Depotto.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク