Switch版『ギガンティック・アーミー』が2019年11月14日に国内配信決定!リアルロボットアクションSTG


Nintendo Switch版『ギガンティック・アーミー (GIGANTIC ARMY)』が、2019年11月14日に配信されることが決定しました。
販売価格は900円(税込)ですが、2019年11月13日 23:59までは割引価格の810円(税込)で購入することができます。

本作は、同人ゲーム製作サークルASTRO PORTによって開発されPC向けとしてリリースされた、横スクロールタイプのリアルロボットアクションSTGです。

「重装機兵ヴァルケン」など16ビット時代のメカシューターのオマージュともいえるこのゲームは、レトロなアーケードスタイル、滑らかなアニメーション、きわめて詳細なキャラクターとステージデザイン、そして中毒性のある熱狂的なゲームプレイなどを特徴としています。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

西暦2009年。「ラムロン戦争」勃発。
泥沼と化した戦場で、名も無き兵士達は戦い続ける。

「ギガンティック・アーミー」は重量感溢れる16bit風の横スクロールメカシューティングアクションゲームです。

あなたが搭乗するのは、地球防衛軍宇宙艦隊がラムロン戦争に投入した「GMR-34 サラディン」。
陸戦型MCR(有人戦闘ロボット)の最高傑作と評された機体です。

3種ずつ用意された銃火器(アサルトライフル、ライアットガン、グレネードガン)、特殊兵装(クラスター爆弾、ミサイルポッド、ビームカノン)をそれぞれ1つずつ装備出来ます。
更に、強力な接近戦用装備である「パイルバンカー」、敵の猛攻撃を防いでくれる「シールド」を駆使し、任務を遂行しましょう。

©Storybird