Switch版『Gibbous – A Cthulhu Adventure』が海外向けとして2020年10月28日に発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


開発者のStuck In Atticが、Nintendo Switch版『Gibbous – A Cthulhu Adventure』を海外向けとして2020年10月28日に発売することを発表しました。

本作は、コメディーとコスミックホラー、おしゃべり猫などを含んだトランシルバニアのアドベンチャーゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

クレージーカーティスト!CTHULHU、喋っている猫。ギブバウスは、広々とした手描きのアドベンチャーに連れていく。主人公としては3人の役があり、魅了がある世界を探検しながら、古代の陰謀を解き明かしていくゲームである。トランシルバニアの背景でコメディーとともにコスミックホラーがふくまれているアドベンチャーである。

コメディーとコスミックホラーがあるトランシルバニアのアドベンチャーである。

腰折れ屋根、暗い裏通り、それから秘密に包まれた過去、ダークハムは人を歓迎する街ではなかった。しかし今は違う。変なカルトの集団がどこでも現れてきた。その上、最も恐怖にとらわれる本「ネクロノミコン」について、震えている声で話されている。

ドン・R・ケタイプと言う刑事はミステリアスの 邪悪な書を取り戻そうとしているが、怪しくない司書のバズ・カーワンがその邪悪な書を偶然に見つけて、自分のペットの猫を二足で歩いて、話す嫌悪のものに変身してしまう。人間になること?いや、結構ダウングレードされた。

ギブバウスはコスミックコメディのホラーゲームで 、 現代のアドベンチャーとも言える。豪華なHDアートとクラッシクのストリー、明細の伝統的なアニメと長々のストリーの中で、3人の主人公と世界中の旅を楽しみながら、コスミックの魔、人に作らてたブードゥーとなってには行けないものと交流しなければならない。ラブクラフトの国からトランシルバニアまで、皮肉を言うネコちゃんを無言にさせるため、旅をする。

【特徴】
•トランシルバニアの建造物と自然にインスパイアされた60種類以上の手書きの絵が楽しめる。

•ディズニー風の仕上がりがある流動的な2Dアニメが楽しめる。

•2人の主人公とおしゃべりのネコちゃん..それで、3人の主人公になるね。

•70種類以上の音声を持つクレージーなキャラクター。

•「ウイッチャー」としての出演の声優は、スペシャルゲストのダグ・カックルである。

• 本物のトランシルバニアのアクセントを使ったゲーム。

•4時間以上の生楽器で魅了されるオリジナルサウンドトラック;

•構成がある長い映画のようなストーリーは様々な大陸まで連れていく。

•次から次へ、展開する闇に囲まれたシーンとユーモアが見つけらる。

•ダイナミックなライトニング、リアルタイムの現象と天気予報のシステム。

•前に進めない場合には、解決のヒントもふくまれているゲーム。

•アニメ化されたカットシーンが話の重要な部分を強調する。

•12,000以上の音声の台詞。

•カスタムされた音声の返信がいろんな組み合わせに見つけられる。

•製作地は、串刺し公のヴラドである出身地。

•老人の馬鹿にしないでね!彼らのダークネームを褒めてあげてね。

•おしゃべり猫についてもう話した?

経由:Nintendo Soup

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク