Switch版『GHOSTUS』の発売時期が2019年秋に決定!超時空多重リプレイシューティングパズル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『GHOSTUS』の発売時期が、2019年秋に決定したことがSyake株式会社から発表されました。
販売価格は発表されていません。

本作は、Syake株式会社が開発を手がける、超時空多重リプレイシューティングパズルゲームです。
もともと2018年1月31日にPC(Windows・MacOS・Linux)向けとして完成版が配信されたのが始まりで、現在はSwitch版が鋭意開発中です。

下記に概要と紹介映像があります。

概要

GHOSTUSは、Syake株式会社が2018年1月31日にリリースしたPC用シューティングパズルゲームです。

時間を繰り返し、過去の自分(GHOST=リプレイ)と協力してパズルを解く、多重リプレイシューティングパズルゲームです。
レコードボタンを押すことで「その時」から「死ぬ時」までの時間を記録し、死によって過去に遡り「その時」のGHOSTと邂逅します。
レコード→死→復活→レコード→死→復活→…と時間を繰り返す事で、最大7人のGHOSTと協力する事ができます。

プレイヤと敵には3色の属性が有り、同色の攻撃で敵を破壊すると「CORRECT」、別色の攻撃で破壊すると「WRONG」となり、全ての敵を「CORRECT」するとステージクリアです。
「色変更エリア」に触れて色を変えつつ、GHOSTと協力してステージクリアを目指します。
クリアしたステージの合計スコアでステージを解放していき、最後に待つエンディングを目指します(99ステージ+α)。

『GHOSTUS』は、2019年6月1日~2日にかけて京都市勧業館みやこめっせにて開催されるインディーゲームの祭典「BitSummit 7 Spirits(ビットサミット・セブン・スピリッツ)」に展示される予定です。

情報源:Syake株式会社

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク