PS4&PSVita&Switch用ソフト『幻想牢獄のカレイドスコープ』の発売日が2019年11月28日に決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PS4&PSVita&Nintendo Switch用ソフト『幻想牢獄のカレイドスコープ』の発売日が、2019年11月28日に決定しました。
販売価格は通常版が4,000円(税抜)、限定版が7,000円(税抜)です。

これはAmazon.co.jp楽天ブックスヨドバシ.comビックカメラ.comなどのリストによるもので、限定版には下記のアイテムが同梱されます。

【完全生産限定版 同梱内容】
■幻想牢獄のカレイドスコープ 公式設定資料集 Phantasm Object
■ボイスドラマCD「密室デスクイズ大会」
■《運命の役割》カード 
■アクリルアートパネル

※店舗特典などもあるようですので、公式サイトで情報が揃ってからの予約がオススメです。
※掲載している価格等の情報は、2019年8月16日時点ものです。

本作は、「ひぐらしのなく頃に」の竜騎士07氏が企画・シナリオを、「Kanon」や「CLANNAD」の樋上いたる氏が原画・キャラクターデザインを担当している完全新規のオリジナルタイトルです。
2018年に『惨劇サンドボックス』として発表されたのが始まりですが、仮称だった正式タイトルが『幻想牢獄のカレイドスコープ』に決定し、3つのプラットフォームでリリースされることになりました。

なお、8月16日 18時に詳細情報が公式サイト等にて解禁される予定です。

それに先駆けて概要が公開されているので、興味のある方は下記からチェックしてみてください。

概要

惨劇の名手×美少女の伝統が送るガールズ・メンタル・サスペンス!

「女の子は、万華鏡ー」

竜騎士07×桶上いたるがおくるガールズ・メンタル・サスペンスがPlayStation4/PlayStationVita/NintendoSwitchに登場!

想像を絶する残虐性で追い詰められた人間の極限の姿を描きつつも、作品全体を俯瞰すると人間愛に満ちた温かいメッセージ性を込める【竜騎士07】と、美少女ゲームの代名詞と言える名作を多数手がけた【桶上いたる】
一見ミスマッチな両者がコラボレーションした今作では、いまだかつてない【いたる美少女】の極限の表情も解禁になる……!?

■スタッフ
企画・脚本:竜騎士07
キャラクターデザイン・原画:桶上いたる
SD原画:瀬之本久史
ボーカル曲:田村直美・上野江望
BGM:ひぐうみSound

■STORY
……見たこともない、不気味な部屋に閉じ込められていた。
仲良し4人組の少女たちは、いつ、どうやって、誰に、ここへ連れ去られたのか。
一切が曖昧だった。このような場所には誰も覚えがない。

いつの間にか、全員の首には鉄の首輪が付けられている。
首輪には鎖が繋がり、部屋の四隅にある椅子にそれぞれ続いていた。
それは、見る者に不吉な印象を与える拷問椅子だった。

出口のない不気味な空間に怯える4人。
そこへ、天井から大きな檻が現れた。
少年が閉じ込められている。
白衣の少年は、意思の疎通はおろか、感情にさえ変化を起こす様子がない。
彼もまた恐らく、少女たちと同じ、“閉じ込められた者”に違いない……。

「とにかく、ここから出る方法を考えなくちゃ……!」
「その方法を、教えよう」

不気味な声が、部屋に響いた。

私から君たちへは、2通りの運命の準備がある。
1つ。……その部屋にいる全員が、死ぬ運命。
もう1つは、3人の少女だけが、助かる運命。
これは、君たち4人の少女の運命を試す試練だ。

タイムリミットが来れば、ただこの部屋の全員が、死ぬだけだ。
最悪の予感とおぞましい戦慄が、少女たちを襲っていた………。

© 竜騎士07 / 07th Expansion © ENTERGRAM

スポンサーリンク