【ランキング】
ゲームブログランキング

ニンテンドースイッチは本体を買い換えてもバーチャルコンソールの引っ越しが不要になる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米任天堂のレジー・フィサメィ社長が、海外メディアGameSpotの動画インタビューに答えていて、VC(バーチャルコンソール)の引越し問題について言及しました。

米任天堂CEOのレジーさんことReggie Fils-Aime 氏がGameSpotのインタビューにて、VC(バーチャルコンソール/懐かしのゲームが遊べるサービス)に関する質問の文脈で、「ニンテンドーアカウントが購入と結び付けられる」、いわゆる「アカウント紐づけ」が可能となったことを明らかにしました。詳細については後日発表としていますが、VCがアカウントと紐付けになれば、ニンテンドースイッチ本体を買い替えてもソフトの引っ越し作業や買い直しの必要がなくなり、ソフトを再ダウンロードすればプレイできるかもしれません。

レジーさんはVCに関しては明言を避けつつ、「ニンテンドーアカウントと購入の紐付けが可能になったこと」と、それにより「出来ることの幅が広がった」と述べた上で「ユーザーの求めていることは把握している」とコメント。さらに詳しくは今後、と含みを持たせています。
情報源:engadget

レジー社長はVCに関する質問に対して、「ニンテンドーアカウントが購入と結び付けられる」と、『アカウント紐づけ』ができるようになったと明らかにしました。

WiiやWiiUでは、本体を買い換えると引越し元から引越し先へデータを移行する作業が必要になり、引っ越した後は前のハードからVCソフトは消えて、新しいハードにVCソフトが移行されていました。

新しいハードでは前のハードで購入したVCソフトをダウンロードすることができないため、新しいハードのほうでプレイしたい場合は、この引越し作業が必須となっていたのです。

しかし、ニンテンドースイッチでは『アカウント紐づけ』が導入されるため、スイッチを買い換えたとしても、VCソフトの引越し作業を行うことなく新しいスイッチのほうでダウンロードできるようになります。

ただ、WiiやWiiUで購入したVCソフトを、スイッチでダウンロードできるとは明言されていないため、念のためWiiやWiiUの本体は持っておくと良いでしょう。

今回はVCがアカウント紐付けになるというお話でしたが、それ以外のソフト(ゲームのダウンロード版等)も同じようにアカウント紐付けになる可能性もあります。
もしこれが実現すれば、アカウントを家族で共有して、一本のソフトを家族みんなが別々のスイッチ本体で楽しむようなことも実現するかもしれません。

バーチャルコンソールなどの詳細については、後日任天堂から発表されるようです。
まだまだ何か新情報がありそうなので、期待したいですね。

スポンサーリンク